「直虎」第44回あらすじ!万千代が遠山の金さんに!ネタバレあり

20171105mancnaotora

©NHK



前回(第43回)のお話をサラッとおさらい

小姓になったものの仕事のない万千代は、家康に薬を差し上げるという仕事を勝手に作ってしまう

ある日、万千代家康から岡崎城にいる嫡男信康に会ってきて欲しいと頼まれる。戦後処理の仕置きについて岡崎勢の反応を探って欲しいとのだという。万千代は初めて信康と対面する

第44話 2017年11月5日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

会話多めで書いています

万千代と万福の初陣

20171105manc_inos

©NHK

天正六(1578)年。万千代は18歳になった

万千代万福甲冑の着初式に臨んだ。これは武家の男子が初めて甲冑を着用するときに執り行われる儀式で、家康も同席した

家康「両名とも立派な武者ぶりである。鬼神のごとき働きを期待しておるぞ」

その後、2人は初陣を迎えた。場所は武田が遠江攻略の拠点としていた田中城

万千代「田中城は堀が三重にも巡らされた城らしいぞ。どうやって攻め落とすのであろうな!」

やる気満々で出陣した万千代だが、戦はおろか、軍議にも参加できず、腫れ物に触るように扱われた

なぜなら周囲が、万千代色小姓と見ているせいだった

万千代けがをさせれば家康に叱られかるかもしれないと思われているのだ

万千代は、家康の威を借り、他の小姓たちのいびりや圧力から自身と万福を守るため、誤解をそのままにしてきたのが災いしたようだ

殿のおそば近くに仕えて早4年。小五郎たちは、ほかのお役目を賜り城を出ていったのに、万千代万福だけがいまだ小姓の身分なのだ

戻ったら、殿に元服を願い出たほうがよいかもしれぬ。このまま色小姓扱いされておっては、寝所に閉じ込められたまま徳川勤めが終ってしまうかもしれないと万千代は考えた

城攻めには信康も加わっていた。前に岡崎を訪れたときにも同座した、近藤武助という者を従えている。明らかに年下のその男でさえ、前髪を落としていた

万千代信康に、自分の元服について家康への口添えをお願いしてみた

信康「父上は、お主を戦に出したくないのかもしれぬ。戦に長けた者はほかにもおるゆえ、それ以外を求めておるのではないか、ということじゃ」

戦以外で思いつくことは、夜番をすることくらいだった。ならば徹底的にやろう!

万千代は、万福と交代で、寝ずの番を務め始めた。不穏な気配を感じたのは、疲れ果て、寝所で横になっているときだった

万千代!曲者を撃退する

夜の陣所に万福の声が響いた!

万福「く、くせ者っ。くせ者を捕らえたり!おのおの方、お出会い召されええ!」

家康をかばってざくりと斬られた肩から、鮮血が噴き出している

万千代は全力を振り絞って相手の体にのしかかり、己の喉を突こうとしている小刀をもぎ離して寝所の隅へ投げ捨てた

必死でもがく男には見覚えがあった。信康つき従っていた若武者の武助であった

騒ぎはほどなく鎮まった。万千代が肩の傷の手当てを受けているところに、榊原康政が入ってきた

榊原「つらいところすまぬが、くせ者の詮議をしておる。あの者のたくらみにどうやって気付いた?」

万千代「薬箱のとめひもの結びが違っていたのです。いつもは蝶結びにするものが固結になっていました。それで誰かが薬箱に触れたのだと」

調べてみると、やはり混ぜ物がしてあった。何者かが、万千代が井伊の薬で殺したということにして、家康を亡きものにしようとしているに違いない

そこで万千代は、寝所に戻った家康が薬湯を所望したとき、寝入って目が覚めないふりをした。万福が代わりに作れる者を探しに行き、じきに戻った

目を閉じたまま、万千代は薬湯をいれる音を聞いた

武助「出来上がりました。どうぞ」

その瞬間、目を開き、相手の手首をつかんで言った

万千代「そなた、まず毒味をしてみよ」

追い詰められた武助は小刀を出し、家康を襲おうとした。それを万千代が、体を張って阻止したのだ

榊原「とにもかくにもご苦労であった。しばし休むがよい」

万千代はそのまま倒れ込んだ

祐椿尼の容態が悪化する

龍潭寺の門前に建つ松岳院で寝起きしている祐椿尼が、にわかに胸の痛みを訴え、床に伏せってしまった

南渓「年も年じゃし。天寿と考えてよいのではないかの」

直虎の動揺はせめて、親孝行の一つもしたいと思った。見舞いに来てくれたなつに頼んだ

直虎「これからは知らぬふりで、世間話をしにでも来てもらえるとありがたい」

いつも花が咲いているように、母の周りに必ず誰かにいてほしい

なつ「あやめ様にもさようにお知らせしておきます。兄から、高瀬様にも中野様にも」

松岳院で暮らす祐椿尼の周りは、直虎が願ったとおり、人また人であふれ返っていた

花を習っている高瀬。まくわうりを抱えてやってくる六左衛門と直之。数年前に夫婦となった方久あやめ。見舞いの品は、多くのつぼみをつけたばらだった

方久「名は長春(ちょうしゅん)。それはそれはあでやかな花がつきますよ」

なつしのまでが、しばしば姿を見せた。

祐椿尼「虎松や亥之助は、息災にしておりますか?」

しの「はい。殿の覚えもめでたく。なんでもこの間、戦場で殿をお守りし、知行一万石を賜ったそうで」

直虎「一万石!」

何も聞いていなかった直虎は、驚いて腰を抜かした

一方、万千代はわが身への沙汰がまだ信じられずにいた。

一石は、大人の男一人が一年に食う米だ。つまり万千代「俺は、一万の民を有する領主と同じ身上になったのだ……!」

だからといって領主になれたわけではない。元服がかなえば、むろん井伊家の当主になれる

万福「となれば、若、おとわ様に家督を譲ると言っていただかなくてはならぬのでは……?」

直虎の顔が浮かび、万千代はじだんだを踏んだ。

万千代「ここであの意地悪ババアに手綱を握られるとは……。井伊万千代、一生の不覚!」

そこに当の直虎から文が届いた。内容は祐椿尼が病床にあることを伝えるものだった

直虎万千代は、龍潭寺の井戸端で手を合わせた

話は全く、悲しいほどかみ合わなかった

皆でうまく取りしきっている井伊谷に、要らぬ波風を立ててほしくないと願う直虎と、いずれは父祖伝来の地を取り戻したいと心中深くで切望している万千代とでは、それもしかたのないことだった

直虎「さような考えなら、家督は決して譲らぬぞ」

万千代「望むところです。ならば力ずくで引きはがすまで」

直虎「できるものならやってみるがよい」

最後は喧嘩別れ同然となった。顔を合わせて、かえって溝が深まったのを二人とも感じただけだった。

秋の一日、祐椿尼は静かに旅立った

死ぬ前に幸せとはいえぬ人生を娘に送らせてしまった、と涙ぐむ母に直虎はこう伝えたのだった

直虎「もし私に兄や弟がいて、どこぞの殿方に嫁ぎ、館の奥で過ごしておったならば、百姓たちはただ米を運んでくる者と思うておったでしょう。ならず者たちは世を乱す悪党。商人は銭ばかり追い求める卑しき者。乗っ取りをたくらむ家老は敵。そこにそれぞれの人生や思いがあるなどとは思いを馳せることすらせず……。私は幸せにございますよ、母上。この人生をお与えくださり、かたじけのう存じます」

祐椿尼が息を引き取った直後、一斉にばらが咲いた。淡い紅色の花に向かって、直虎は静かに手を合わせた

しのぶの一言

いつもゆったりと優しい笑顔でいた直虎の母、祐椿尼

祐椿尼の亡くなる前、直虎の言葉に涙がとまりませんでした

桶狭間の戦いで惨敗して、当主だった夫の直盛を亡くしたときも、気丈に振る舞い、家族を亡くした人一人ひとりに手紙を書いていました。その中には娘の直虎も含まれていたのですよね

自分のことより皆の事を先に考える。そんな後ろ姿を娘の直虎は見て育ったのです。だから今の直虎があるのでしょう

そんな涙のあとに、あの万千代遠山の金さんばりの片肌脱ぎには、お腹を抱えて笑ってしまいました〜

20171105kinsan

©NHK

それにしても、万千代×直虎のあの言い争い!

万千代の言っていることは武家の者としては間違ってはいないのだけど、…前の当主を面と向かってあそこまで侮辱するとは!

ホントこの先どうなっちゃうか、心配です…

◎各回のあらすじはコチラ  ➡「おんな城主 井伊直虎 」あらすじ一覧

◎前回のあらすじはコチラ ➡ 第43回あらすじ



シェアする

フォローする