「直虎」第45回あらすじ!徳川家の悲劇!ネタバレあり

20171112nao1

©NHK



前回(第44回)のお話をサラッとおさらい

万千代万福は初陣を迎えた。戦さに出ることはなかったが、曲者から家康を守った万千代は知行一万石を与えられる

井伊では祐椿尼が最後の時を迎える。祐椿尼に呼ばれて井伊にやって来た万千代直虎と対面する

2人は今後の井伊の問題について話すが、話しが噛み合わず喧嘩別れのようになってしまった

第45話 2017 年11月12日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

会話多めで書いています

岡崎と浜松

天正7(1579)年4月、家康の側室が男子を出産。のちの二代将軍・秀忠である

康政「和子様がお生まれになったと、岡崎へ使いせよ」

万千代信康のもとへ向かった

歓喜に沸いていた浜松城とは正反対に、知らせを受けた岡崎城は冷めていた

信康「……母上、おかしな顔をなさっておいでですよ」

瀬名「そなたこそ、おかしなことを。そなたに弟、徳川としてこれほどめでたいことはございますまい」

瀬名は微笑していたが怒りを隠しているのは明らかだった。

浜松に戻り、万予代は岡崎の様子を伝えた

家康「……弟が生まれただけなのじゃがのう」

康政「岡崎は今立場が弱うございますゆえ。弟君が生まれたというだけでも不安を覚えるのかもしれませぬな」

家康「何か岡崎が喜ぶことを考えたほうがよいかもしれぬの。.…織田にも顔が立つであろう」

直虎のもとに、久方ぶりに瀬名からの文が届いた

直虎「信康様の側室を探しておられるそうで、井伊谷によいおなごはおらぬかと。年の頃のよい後家、もしくは男の生まれやすい家のおなごでと」

南渓「信康様の嫡男が欲しいということかの」

織田家から嫁いだ正室・徳姫には二人の娘がいたが、信康の跡継ぎとなる男子はいない。一方、家康に男児・長丸が生まれたことは直虎も伝え聞いていた。

それで瀬名は焦り始めたのだろう。嫡男に恵まれないわが子信康が、徳川家の世継ぎの座を、長丸に奪われるのではないかと。お家騒動のにおいがした

瀬名には申し訳なかったが、直虎は側室探しには関わりを持たないことにした
7月、家康は思い切った策を評定にかけた。

忠次「信康様は浜松城に、殿が岡崎城に入られるのですか」

家康「岡崎にはずいぶんと入っておらぬし、どうであろう」

忠次「しかし、殿が本城を開けるといいますのは……」

家康「信康は織田の娘婿。浜松を任せるとなれば、織田の覚えもよかろうと思うがな。ちょうど安土城が出来上がったところ。お祝いに上がるとともに、その旨を織田様にお伝えするがよい」

信長の魔の手が

えりすぐった駿馬を祝いの品とし、忠次は安土城へ向かった。すべてが丸く収まるはずだった。

ところが忠次は、信じられない話を持ち帰ってきた

大久保忠世「それで、信康様が武田と通じておると認めたと。信康様を斬るなどと請け負うてきたと申すのですか!」

忠次「ああ言わねば、徳川ごと反旗を翻したと言われんばかりじゃった!」

安土城の豪華絢爛な一室で、上機嫌で馬の礼を述べる信長に、忠次は平伏し、礼を尽くして応じた

忠次「めっそうもないことにございます。今日の徳川があるは上様のおかげと、わが主人からにございます」

信長「なのに、何ゆえ徳川殿は余を欺こうとするかのぅ」

同席する明智光秀が一通の書状を忠次の出してきた

明智光秀「徳姫様より書状が届いた」

そこには12か条に及ぶ、信康の悪行愚行がずらりと書き連ねられていた

光秀「信康殿は徳姫様に断りもなく側室を置き、ないがしろにしておられる。これはまことか」

信長「書状によると、信康殿は武田と通じておるとのことなのじゃが、これはまことか」

忠次「いや、まさかさようなことはー」

信長「岡崎はせんだっても内通者を出したばかり。そのうえ、浜松に男子が生まれた。立場を危うく思うた岡崎が謀反を考えるのは、ない話ではなかろうと思うが。もしや浜松の指図で、岡崎に内通をさせておるのか?」

忠次「め、めっそうもないことでございます!浜松は織田に忠誠を誓うておりまする!」

信長「では、これは岡崎が、信康が勝手やっておることと。そう考えてよいのじゃな?」

浜松城にて

康政「まず調べましょう。織田に申し開きをするにも、向こうの挙げた話がまこと根も葉もない嘘であるかどうか。それを調べねば、無実であると出られませぬ」

康政は岡崎に急いだ。調べが進むほど、今回の件が、織田の言いがかりであることがはっきりしてきた

瀬名信康の側室に、二人の女を立てていた。武田の元家臣の娘ではあったが、両家とも今は徳川に下り、忠実な家来となっていた

織田信康に、家康と同じ従五位下の官位を与えたいと言い寄っていたことも分かった

信康を手なずけ、織田の手駒にしようとしたのだろうが、それと察した信康は、これをやんわりと辞退していた

康政「私見ではございますが、それがこたびの言いがかりのきっかけになったのではと…」

忠勝「取り込めぬなら、いっそということか」

直虎と瀬名の再会

信康にふさわしい側室が見つかったと瀬名から文が届いた。直虎は直接会って祝いを述べようと、直虎は岡崎へ出向いた

再会に喜びの声を上げる瀬名の顔は、明るかった

瀬名「十五年ぶり、いや、もっとにございましょうか」

瀬名は浮き立つような声で、今日からこちらへ家康が移り、信康が浜松の城に入ることを話した

瀬名「信康の弟が生まれて以来、岡崎は不安になっておったのです。そこを、信康に本城をお任せしようと殿が言うてくださり」

直虎「信康様は、やはりまごう方なきお跡継ぎであると、内外に示すということか。よかったのう」

瀬名「はい」

そのとき廊下で足音と、切迫した声がした

信康の家臣「榊原殿、何をなされます!殿、これは⁈」

瀬名と顔を見合わせ、直虎は廊下に出た。数人の男に捕らえられた信康の姿があった

家康の家臣「武田と内通したるかどにて、信康様を大浜城へ幽閉のうえ、死罪とすることとなった」

しのぶの一言

人がよく人望の厚い信康がこんな風に貶めるられるなんて可哀想でなりません

いつも穏やかな家康も声を荒げて怒り、そのあとは無表情になってしまい、心痛が伝わってきます

直虎も瀬名と数十年ぶりに再会し、楽しそうにしていたのに、その途中で信康が捕らえられる場面に遭遇してしまい、瀬名たちがどん底に突き落とされるのを目の当たりにしてしまいます

直虎も若いころだったら口を挟んだかもしれませんが、もう充分大人になった直虎はそれをしませんでしたね

最後に久しぶりに今川氏真が出てきましたが、何か手助けをしてくれるのでしょうか?

◎各回のあらすじはコチラ  ➡「おんな城主 井伊直虎 」あらすじ一覧

◎前回のあらすじはコチラ ➡ 第44回あらすじ



シェアする

フォローする