「直虎」寿桂尼(今川)と武田信玄の関係はどのようなものだったのか?

20170716jyukeini

©NHK

NHK大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」第27回では、武田義信自害に追いやられてしまいます

その後、今川家から義信に嫁いでいた今川氏真の妹武田留めおかれたままに

すると寿桂尼は、孫娘の鈴を救出すべく、武田信玄のもとに単身で乗り込んでいくのです!

武田信玄寿桂尼を邪険に扱うことは出来ないようで、対面します

©NHK

では、武田今川とは当時いったいどういう関係にあったのでしょうか?

気になったので調べて、整理してみました



今川と武田

武田信玄今川義元前の代までは今川と武田敵対関係にありました

しかし義元の代になると同盟を結ぶようになります

武田信玄正室である三条の方は、名門公家の三条家の出身なのですが、公家と親交の深かった今川義元からの仲介を受けて武田家に嫁いでいるのです

というのも、寿桂尼に自身が公家の出というのが今川家に大きく影響しているようです

また今川義元は、信玄の妹である定恵院正室として迎えたので、信玄の義弟という間柄になります

定恵院は病没したのちは、義元の娘の鈴信玄の長男である義信に嫁がせています

また、信玄の父信虎信玄の起こしたクーデターによって甲斐を追放されるのですが、その時、信虎今川義元を頼って駿河に逃げ、今川では信虎を預かっていたこともあるのです

寿桂尼の役割

今川武田親戚関係ということもあり、その関係をコントロールしていたとも思われる寿桂尼に対しては、武田信玄と言えども頭が上がらないのでしょう

とはいえ、寿桂尼の寿命ももう終わりが見えているので、この関係にも変化があるようです

その他の関連記事の一覧はこちらです ➡ 「井伊直虎」関連記事の一覧

◎見逃し番組を見る方法は➡こちらから

⬇LINEで更新情報をお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする