政次(高橋一生)を陥れたのは近藤(橋本じゅん)だ!「直虎」

20170507masatugu

©NHK

第33回以降のネタバレを含みます

また内容を知りたくない方は読まないでください!

史実では、小野但馬政次は、井伊家を乗っ取り、その後攻めてきた徳川家康によって成敗されることになっています

大河ドラマでも、政次はそんな最後を迎えてしまうのでしょうか?



戦乱に巻き込まれる井伊家、そして但馬

政次今川の手前、井伊とは敵対しているように振る舞ってきましたが、それは仮の姿

今川により取り潰しとなった井伊家

井伊谷城政次今川の城代として入っています。

しかし、徳川軍が進軍してきたら、直虎と政次今川の家臣を捕らえ、城を明け渡し井伊再興することになっています

…そんな風にすんなりいけばいいのですけど…

実は、この難しい局面で、トンデモナイ事が起こってしまうのです!

政次を窮地に陥れるのは誰?

だれが最終的に政次を追い詰めるのでしょうか?

その人はあのもみあげ野郎です!

kondo1

原因は井伊家のトラブル?

近藤氏は以前、盗伐問題井伊家と揉めたことがありました

材木を盗んだ龍雲丸を捕まえたのに、井伊で逃げられ、後に雇い入れたりしたことに対して憤っていました

そのことで近藤氏は、直虎に因縁をつけてきたりもしました

でも逆に、直虎側がやり込めてしまったので、そのことで井伊家をずっと恨んでいたようです

何かあれば仕返ししてやろうと、虎視眈々とその機会を伺ってきたのではないでしょうか?

近藤がどのようにして井伊を窮地に陥れるのか?

近藤は卑怯な手を使います

井伊谷城を開城する時に、手のものを使いわざと徳川軍を襲わせたのです

そして、それをまるで政次の仕業であるように主張してみせたのです

近藤と井伊の着地点

直虎はとっさに政次を逃します

しかし、直虎徳川には疑いの目を向けられ、近藤氏によって捕らえられ牢に入れられてしまいます

政次は、一旦逃げるのですが、この状況を打開するには自分が始末をつけるしかないと思ったのでしょう

政次近藤にわざと襲いかかり、捕らえられ、直虎と身柄を交換となります

そして、最後の時を迎える…

というわけなのです(泣)

しのぶの一言

政次の最後のこと信じたくないし、まだ放送を見るまでは信じられない自分もいます

書いていても気持ちが沈んでしまい

なかなか書き進められたかったけれど…

でも、政次の最後の勇姿はしっかりと見て、目に焼き付けなければと思うんです

たとえ、涙が止まらない状態になったとしても…(もう泣いてるけど)

その他の関連記事の一覧はこちらです ➡ 「井伊直虎」関連記事の一覧

◎見逃し番組を見る方法は➡こちらから

⬇LINEで更新情報をお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする