松平健さんと栗原小巻さんも「おんな城主直虎」に参戦!

★2017年6月21日に、新たな出演者が発表になりました

松平健さんは武田信玄栗原小巻さんは徳川家役の生母である於大のお方を演じられるそうです

現在出演中の浅丘ルリ子さんに続いて、昭和の大スターたちの競演となりますね★



武田信玄/松平健

singen1

©NHK

武田信玄井伊家とはどのような関わりをするのでしょうか?

NHKのホームページによりますと、

武田信玄(たけだ しんげん)

「甲斐の虎」と恐れられた戦国武将。圧倒的な軍事力を誇り、今川を滅ぼして、駿河・ 遠江の勢力図を大きく塗り替えた。さらには三河をも脅かし、三方ヶ原の戦いでは徳川家康に大勝利。その余波で井伊谷は炎に包まれた。

なんと!井伊谷戦火に包まれることになるのですね

さらに、

武田信玄が率いる軍が、井伊直虎の暮らす井伊谷に火を放ったと言われています。しかしその武田兵たちは、後に直虎の後継者・直政の配下に入り、井伊の赤備として彼の出世を支えることになります。

武田信玄の亡きあとは、武田の勢力は衰弱していくことになるわけですが、それが井伊にとっては原動力になったということなのですね

松平健さんプロフィール

松平健さんは1953年生まれ、愛知県出身

芸歴も長く出演作品も多数あるのですが、特に有名なのは「暴れん坊将軍」シリーズ

大河ドラマの出演は7回目で、1番新しい出演は2005年「義経」では弁慶役を演じていました

歌手として活動もしていて、1980年リリースのドラマ『走れ!熱血刑事』主題歌主題歌「夜明けまで」そして2004年に発表した「マツケンサンバII」が大ヒットしています

 こちらはマツケンサンバ4です⬇

於大のお方/栗原小巻

於大のお方とは?

於大の方(おだいのかた)徳川家康の生母。家康がまだ幼い頃離縁され、離別。桶狭間の戦いの後、人質を脱した家康と再会する。家康の正室・瀬名との緊張関係が、瀬名と嫡男・信康を巻き込んだ事件に影を落とすことに。

家康とは幼いころに離別していたけれど、ずっとコンタクトを取り続けていたようです

家康今川から抜け出してからは、生母である於大のお方に再会し、深く関わることに

瀬名姫とも何かあるみたいですね…

栗原小巻さんプロフィール

20170910komaki

©NHK

栗原小巻さんは1945年生まれ、東京都出身

栗原小巻さんも芸歴がとても長く、出演作品は多数あります

代表作は、三姉妹(NHKドラマ)、偲ぶ川(映画)、桜の園(舞台)、欲望という名の電車(舞台)など

最近はテレビよりも舞台出演の方が多いようです

今も見た目が70代にはとても見えないけれど、若い頃の美貌はまた別格。小巻さんのファンはコマキストと呼ばれていたそうです

しのぶの一言

松平健さんは武田信玄姿、すごく貫禄があって信玄っぽいですよね

武田信玄をちょっとお茶目に演じたいとおっしゃっているようですが…どんな感じなるのでしょうね?

栗原小巻は於大のお方を演じるのは2度目なのだそうです。ハマり役ということなのかな

コマキストのみなさんも小巻さんの久々のテレビ出演を楽しみにしているのではないでしょうか

往年のスターたちが出演すると大河ドラマはまたぐっと華やかになるので、出演が楽しみです!

その他の関連記事の一覧はこちらです ➡ 「井伊直虎」関連記事の一覧
⬇LINEで更新情報をお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする