サダヲ竹千代13歳おかしな人質生活!「おんな城主 直虎」

竹千代

©NHK

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第5回竹千代を演じる阿部サダヲさんが登場しました!

竹千代13歳ということですが、中の人は46歳…。

うーん、えーと…。

やっぱり絶対ムリがありますよねぇ…(笑)

ドラマのなかでの竹千代は、縁側で碁盤を囲んであっち側行ったりこっち側行ってして1人で囲碁をやってるちょっとおかしな子。

菜々緒が演じる瀬名姫のことチラチラ見てて、瀬名に睨みつけられてる竹千代ちゃん。

瀬名竹千代のことを次郎法師(後の直虎)への手紙の中で三河のぼんやりと名付けています。

そんな竹千代は成長すると徳川家康となり、瀬名姫を娶ることになるわけですからね。

ホント、どんな風にの家康に変身していくのか見ものですねー。



竹千代は三河のぼんやり

実生活では13歳子どもの父親であるという阿部サダヲさん。自分でもまさか13歳竹千代を演じるとは思ってもみなかったそうです。

….そりゃそうですね~。

このドラマに出てくる今川家人質として暮らしている竹千代はちょっと変わった子として描かれています。

ほかの武将がを飼っている中で、一人だけを手なづけたり、自分で対戦相手も役もやる一人囲碁に没頭したりして。とても才能あふれる感じも強い感じもしない、どこかぼんやりした少年です。

新しい徳川家康の誕生か?

キャスト発表会での阿部サダヲさんは曰く、

「僕は歴史とか詳しくないけど、さすがに徳川家康を知らないとは言えないぐらい有名な方。

徳川家康をやった俳優を調べたんですけど、びっくりするぐらい有名な方ばっかりだった。カンニングの竹山さんもやっていて、少しホッとしているところもある」

前回の大河ドラマ「真田丸」では内野聖陽さん演じる徳川家康は予想外にぶっ飛んでいましたからねー。

徳川家康もだんだん弄られキャラになって来たんでしょうか…

岡本幸江チーフ・プロデューサーは家康のキャスティングについてこのように説明しています。

家康は堂々たる大大名のイメージがあるが、描くのは40歳ぐらいまでのところ。まだ確立されていない青年期を家康を演じていただきたい。大河ドラマでも散々描かせていただいたが、今ひとつ正体がつかめないような部分もあるので、そこも変幻自在に面白みと愛嬌を持って演じていたけるのは今ナンバー1阿部さんかなと思う」

井伊家の行く末も心配ですが、竹千代の今後についても目が離せませんね!

阿部サダヲ プロフィール

1970年生まれ

千葉県出身

92年、松尾スズキ主催の劇団「大人計画」に入団し、「冬の皮」初舞台を踏む。

同劇団の看板俳優として活躍するかたわら、TVドラマや映画にも活動の場を広げる。

「大人計画」に所属する宮藤官九郎脚本ので映画初主演を務め、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞

ちなみに「舞妓Haaaan!!!」では今回主演の柴咲コウさんと共演しているんですよね〜


TVドラマの出演は「木更津キャッツアイ」シリーズ、「医龍」シリーズ、「アンフェア」シリーズ、「離婚同居」、「マルモのおきて」、大河ドラマ「平清盛」など。

宮藤らとともに結成しているパンク コントバンド「グループ魂」の“破壊”(ボーカル)としても活動

しのぶの一言

どんな役でもこなす個性派俳優阿部サダヲさんの竹千代は意外にもかわいくて癖になりそう(笑)毎回どんな竹千代が見れるのか楽しみになってきました。

そして徳川家康になるのでしょうか?

色んな意味でとっても楽しみです!



シェアする

フォローする