8月18日の政変が起きた原因と結末「西郷どん(せごどん)」

hisamitu1

©NHK

8月18日の政変とは?

1863年(文久3年)8月18日、薩摩藩会津藩を中心とする公武合体派が、長州藩尊皇攘夷派を京都から追放したクーデター事件

尊皇攘夷派の7人も公家も京都を追われた事件です



8月18日の政変はなぜ起きたのか?

当時、京では尊王攘夷派が過激な活動を展開し、治安が悪化していました

島津久光が上洛した際、天皇より勅諚を受け、寺田屋事件で尊王攘夷派志士を粛清しました

しかし、久光が江戸へ向かうと、京都では尊王攘夷派の志士が力を盛り返し、天誅と称してテロ行為を繰り返したりしていました

※天誅とは、天に代わって罰を与えること

また、将軍・家茂上洛が決定したことが尊王攘夷派の動きにさらに拍車をかけました

朝廷でも三条実美(さんじょうさねとみ)ら尊王攘夷派の公家台頭してきす

公武合体派の岩倉具視を追放し、同じ尊王攘夷派の長州と手を組み攘夷親征のための大和行幸を画策しました

これは孝明天皇が大和国(元奈良県)にある神武天皇陵の参拝を経て、攘夷を決行し、天皇に主権を取り戻すと言う計画でした

1863年(文久3)月13日、大和行幸(やまとぎょこう)認める勅諚をとりつけてしまいます

しかし、この大和行幸は、表向きは攘夷祈願とされていましたが、実際は倒幕の軍議を行うと噂が広がります

公武合体派がクーデターを起こす

こうした尊王攘夷派の動きに公武合体派は危機感を持っていました

孝明天皇は攘夷派でしたが、倒幕の意思はありませんでした

そこで公武合体派の会津藩薩摩藩を中心に、公武合体派公家と宮中クーデターを仕掛けます

公武合体派公家は、中川宮近衛忠煕(このえただひろ)・忠房(ただふさ)父子・二条斉敬(にじょうなりゆき)などです

まず、孝明天皇から尊王攘夷派の公家の参内を禁じる勅諚を得ます

そして18日に会津、薩摩、淀などの藩兵が御所を封鎖し、尊王攘夷派公家を締め出して朝議を開催しました

大和行幸の延期、三条実美ら尊王攘夷派の参内を禁止、長州藩の堺町御門警備役解任などが決定しました

こうして、尊王攘夷派を京から一掃しました

この8月18日の政変により、7人の尊皇攘夷公家は長州藩士とともに長州の萩へ退くこととなりました



シェアする

フォローする