チェスト(ちぇすと)!って何?「西郷(せご)どん」

2018segodoon1

©NHK

薩摩の武士たちがよく、チェストーーー!って雄叫びをあげてますが、あれって何なんでしょう?

吉之助もよくチェストーと叫んでいますし、ナレーションの西田敏行さんも最後によく ”キバレ吉之助、ちぇすと!”ってよく言ってますよね

「チェスト」を大辞林で調べますと、

チェスト〖chest〗
①胸。胸部。胸郭。→バスト
②貴重品などを入れる、ふた付きの大きな箱。また、整理だんす。

ん、そうじゃない!



チェストとは

鹿児島県(昔の薩摩)の方言で、 自分を鼓舞する時に使う叫び声です

「それーっ」とか「やぁーっ」という意味になります

チェストの語源は色々な説がある

  • 「強くいくぞ!」→「つえすっど!」→「ちぇすっど!」→「チェスト!」と訛っていった
  • 剣で相手に斬りかかる時の示現流の心構えの一つ「知恵を捨てよ(無心になれ)」という言葉が掛け声として変化した
  • 「チェスト(胸)を狙え」という意味から、「チェスト!」という掛け声が生まれた

など色々と説はあるようですが、どれが本当なのかはっきりとはわからないようです

似たようなかけ声

示現流の流派の一つである、薬丸自顕流の斬撃時の掛け声はチェストではなく

キエエーーー!!

といった猿叫(猿の絶叫)に近い金切り声を発します

気合と同時に声で相手を威圧するのです

示現流(じげんりゅう)とは、

薩摩藩を中心に伝わった古流剣術。流祖は東郷重位。現在の宗家は13代東郷重賢。

薩摩藩内では江戸後期に島津斉興より御流儀と称され、分家の佐土原藩を除き、藩外の者に伝授することを厳しく禁じられていた御留流である。

薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)とは、

薩摩藩士・薬丸兼陳(やくまる けんちん)が示現流を修めた後、家伝の野太刀の技を元に編み出した古流剣術である。野太刀自顕流(のだちじげんりゅう)、野太刀示現流、薬丸流、薬丸派示現流または単に自顕流とも呼ばれる。伊藤政夫によれば、「野太刀自顕流」が正式名称であるとされる。読みが同じな上に、盛んな地域も同じ薩摩のため、しばしば示現流と混同される。

しのぶの一言

チェストー!っていう言葉は時代劇や漫画では見かけますが、現代であまり使われていないみたいですね

でも「西郷どん」でまた復活するかもしれませんね!

チェストーーーー!

◎ その他の関連記事はコチラからどうぞ!



シェアする

フォローする