赤山靱負の弟を演じる井戸田潤が男前だと評判に!「西郷どん(せごどん)」

2018itoda1

©NHK

赤山靱負(あかまゆきえ)の実弟、島津歳貞(しまずとしさだ)は、のちに桂家に養子になり、桂久武(かつらひさたけ)と名乗ります

第4回で登場したこの桂久武井戸田潤さんが演じています

兄の赤山靱負の処刑に介錯人として吉之助の父・吉兵衛に立ち会って欲しいとの兄からの手紙を持って西郷家にやってきたのが、井戸田潤が演じる歳貞(としさだ)さまです

いや、この歳貞さま(井戸田潤)が えっ!と思うほど男前なのでちょっとびっくりしましたね〜♡

もともと井戸田さんイケメンでしたが、お笑い要素が強いから男前だってことを見落としていました

赤山靱負の弟というだけで、なんだか頭もよさそうに見えるから不思議です(笑)

この島津歳貞(のちの桂久武)は、この後も吉之助のことを助けたり行動を共にすることになるので、最後の方まで出演するものと思われます



桂久武(かつらひさたけ)とは?

日置島津家に生まれ。初名は島津歳貞(しまずとしさだ)。同じ島津家の分家である桂家の養子となる

西郷吉兵衛が日置島津家の御用人をしていた関係で、西郷家と親しく交流する

兄・靱負「お由羅騒動」で断罪され、久武も要職を解かれる

島流しからもどった西郷とは入れ違いで大島警衛として奄美大島に赴任。島に残された最後の妻・愛加那や息子・菊次郎の面倒をみる

その後、藩の家老となり、さらに西郷と魅力を深く知り、生涯西郷を支える。

井戸田潤(いとだじゅん)さんプロフィール

1972年生まれ、愛知県出身

お笑いコンビ「スピードワゴン」として活躍中
【主な出演作】
映画:「メンゲキ!」「不毛会議」
他にもドラマ、バラエティに多数出演
大河ドラマは初出演

元妻は女優の安達祐実さん

しのぶの一言

というわけで、西郷どんを見るときはハンバーグ師匠のことは一旦忘れて、
笑いを封印したイケメン井戸田潤を楽しみましょう!

※ハンバーグ師匠とは、井戸田潤の持ちネタからついた愛称です〜

ジュウーーー!

◎ その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎見逃し番組を見る方法は ➡ コチラです

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする