まーちゃん(山時聡真)海に投げ込まれたわけ!その後はどうなるの?「いだてん」

machan1

©NHK

金栗四三さんは水をかけると大人しくなるそうですが、田端政治(たばたまさじ)さんはどうなんでしょうか?

田端さんは、子ども頃、悪いおじさんから海に投げ込まれたことがあるようです。



まーちゃん海に落とされる事件

海では学生たちが泳ぎの練習をしている中、田端のまーちゃん(山時聡真・さんときそうま)は桟橋で寝転んでいました。

ドサ回りで浜松にやって来ている落語家の卵、美濃部孝蔵(森山未來)がやってきました。

まーちゃんとは勝鬨亭で会った事があります。

「見てねえで泳げば?」孝蔵に言われたまーちゃん「医者に止められたに」と寂しそう。

すると何を思ったのか、孝蔵はまーちゃんに近づき抱き上げ、そのままドボーンと海に放り投げ込んだのです!

孝蔵「医者の言うことうのみにするなんて愚の骨頂だに〜」
と高らかに笑っています。

あーあ。やっちゃった!

現代だったら通報されるかもしれませんねー。なんで孝蔵はそんな事をしたのでしょうか。

たんなるイタズラ、それともまーちゃんがうざかったから?

のちの孝蔵、志ん生(ビートたけし)は身に覚えがないと言っていますが、ここは勝手に推測してみましょう。

まーちゃんが海に投げ込まれた理由

まーちゃんへの恨み説

孝蔵が自分の落語がどうだったか聞いた時、まーちゃんはこんな風に答えていました。

「たいしたもんだやーと思いましたね。前座なのに長い話覚えてつっかえずに言えて、たーんとけいしたんだなー。えらいやー。」

おーっと。いきなり上から目線です。さらに小馬鹿にしたようにこうつけ加えました。

「おもしろかねーら」

これには孝蔵がキレました!

「なんだとこの野郎!」

ちいちゃん(片山萌美)が慌てて止めに入ります。

そこへ小円朝まーちゃんに同調したため、孝蔵は怒りの矛先を小円朝に向けます。

孝蔵は酔っていたことも手伝い、小円朝をののしり、頭をひっぱたたいてしまいました。

小円朝は顔を真っ赤にして怒鳴りました。

「出て行けー」

孝蔵は宿を追い出されてしまいましたが、金もなく行き場もありません。

ついには無銭飲食で捕まり、牢にぶち込まれてしまいました。

でも、これは元をたどれば、まーちゃん孝蔵を怒らせたのが原因だとも言えますよね。

あのクソガキ!と内心恨んでいたのかも!

まーちゃんがあんまり生意気だったので懲らしめやった

まーちゃんはまだ子どものくせに辛辣なことを言います。言い方もきつく、憎たらしい言い方をします。

相手が子どもだから、初めは大目に見たとしても、2度目は我慢できず反撃したというのはあるかもしれません。

まーちゃんのその後

まーちゃんは海におとされても、水泳の心得のある子ということもあり、ちゃんと立ち泳ぎでしのいでいました。

その後、孝蔵まーちゃんの親御さんからクレーム入れられたとかちーちゃんに怒られたとかはその辺のところはわかりません。

ただ、一つ言えることは、まーちゃん孝蔵嫌いになったということ。

第1回で、田端政治(阿部サダヲ)は古今亭志ん生(ビートたけし)のことを頑なに嫌っていました。

それには、こういう経緯があったのだということが明らかになったわけです。

◎「いだてん」を今すぐ見るには ➡ コチラから

◎ その他の関連記事は ➡ コチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする