「いだてん(韋駄天)」第8回!現ナマ持って兄が上京!あらすじ!ネタバレあり!



第8話 2019年2月24日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

たくさんの人の協力でお金が集まる!


◎ その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎西郷どんの見逃し番組を見るには ➡ コチラです

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加
四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)からどうやってお金を工面したのかを聞く。

兄は春野スヤ(綾瀬はるか)の紹介で、資産家の池部家を訪ね、借金を願い出た。

スヤの婚約者、重行の母・幾江(大竹しのぶ)はお金を貸すことを承諾してくれた。

金栗家の田畑を1,800円で買い、しかもそれをタダで金栗家に貸すという。

それならば、金栗家は今まで通り生活できる!

幾江実次に、あんたを信用したわけではなくスヤさんの頼みだからだと言い放った。

四三が兄から、金を受け取ろうとしたところに学友たちがやってきた。

彼らは後援会を作り、全国の師範学校に遠征費の寄付を募り、1500円もの金を集めていた。

実次学友たちは協議して、実次から300円だけ寄付してもらうことにした。

ストックホルムへ出発!

播磨屋の辛作(ピエール瀧)は四三のために改良版の足袋を5つも作ってくれていた。

四三弥彦(生田斗真)は大勢に見送られ、ストックホルムに向け、出発した。

弥彦のオリンピック参加に反対していた母も見送りにきた。

母はお手製のユニフォームを手渡して弥彦をはげました。

しかし、嘉納治五郎(役所広司)の姿は見あたらなかった。

しのぶの一言

「いだてん」は笑える大河だと思って気を抜いていたら、今回は何度も泣かされました。

スヤの嫁入りのシーンはとても美しくてジーンときました。また三島和歌子さまが弥彦に駆け込みで会いに来るシーンはベタだけどやっぱり涙なくして見れませんでした。

そして、歌う四三はホントにかわいすぎます。…どうしたもんじゃろかーい♪

第8回は神回!と言っている人も多いようです。

第7回までのいろんな紆余曲折があったからこそ、第8回でのいい形のフィニッシュは感動せざるを得ません。

次回からは、四三と弥彦が遂にオリンピック開催の地に立つということになるわけで、いったいどうなるんでしょうか。楽しみです!

◎見逃した番組を見る方法➡ こちらから

◎ その他のあらすじは ➡ コチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする