「麒麟(きりん)がくる」第18回!越前のサンタマリア!白山の水で毒殺!ネタバレあり!

kirin018

©NHK



第18 話 2020年5月17日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「麒麟がくる」の初回の視聴率は20%に迫る好調なスタートです。 大河ドラマの初回19%...

美濃を脱出

明智城は高政軍から攻撃を受け燃え盛る中、十兵衛(長谷川博己)たちは叔父・光安(西村まさ彦)の命に従い、脱出しようとしていた。

初めは美濃に向かう予定だったが、突如あらわれた(門脇麦)と菊丸(岡村隆史)から美濃方面は高政軍が大勢いる聞き、北へ向かう。

山道のなかで、伊呂波太夫(尾野真千子)の一団と出会う。

太夫帰蝶(川口春奈)から明智一族を越前に連れていくように頼まれたのだという。

十兵衛と一緒にいた伊呂波太夫と知り合いであることもあり、十兵衛はその言葉を信じ、隣国・越前へ向かった。

越前の朝倉義景

大夫に連れられ、十兵衛朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に目通りする。

義景は面倒なことに巻き込まれこまれたくないようだが、朝廷や幕府にも縁のある十兵衛をそのまま帰すわけにもいかず、受け入れてくれる。

義景が金の工面を申し出てくれるのを十兵衛はきっぱりと断る。

十兵衛たちが案内されたのは戸は壊れ、屋根も抜け落ち、壁も穴だらけというひどいあばら家だった。

掃除道具も何もなく、煕子(木村文乃)ともに質屋へ向かった。

織田家の騒動

信長(染谷将太)のもとに弟・信勝(木村了)の家臣の柴田勝家(安藤政信)が訪れる。

信勝高政(伊藤英明)らと裏で通じるなど謀反の動きがあることを知らせに来たのだ。

直接、信勝と会い顔を見て決めればよいと、帰蝶(川口春奈)に言われた信長は、仮病を使い、信勝を城に呼びよせる。

信長信勝に病は偽りであることを白状し、今まで信勝のことをずっと妬んでいたことを告げる。

信勝も自分もまた信長を疎ましく思っていたことを話し、お互いに腹の底で思っていたことを打ち明けあう。

信勝は見舞いに、万病を鎮める霊験あらたかな湧き水というものをもってきていた。

信長はその水を信勝に飲むようと言う。

信勝はあわてて許しをこうが、信長は「飲め」と強く迫り、むりやり飲ませる。

その水には毒が入っていたのだ。

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎その他のあらすじは➡コチラからどうぞ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク