「鎌倉殿」第22回あらすじと感想!ネタバレあり!仇討ちと暗殺計画!

2202st22

©NHK



第22回 義時の生きる道

2022年6月5日(日)

法皇VS頼朝

八重を亡くした失意の義時は、嫡男の金剛を1人で立派に育て上げると誓い、息子を抱き寄せる。

義時八重が預かっていた身寄りのない子どもたちの面倒を見る日々を送る。そこへ頼朝がやってくる。上洛することが決まったことを伝え、義時に同行を命じる。

1990年11月9日、上洛した頼朝後白河法皇とついに対面を果たす。大軍を率いて上洛した頼朝に対し法皇は冷ややかな対応をする。

頼朝は、新しい世を作るには朝廷の力が欠かせない。戦さのない世を作るためには、武士たちをおとなしくさせておかねばならないと訴える。

法皇頼朝が朝廷の授与する(ほまれ)を望んでいることを察した。武士たちを治めるためにともに手を携えていくことに同意を示す。また、全国の守護を請け負うこと頼朝に正式に許した。

その後対面した九条兼実頼朝に、法皇がそう長くはないであろうと打ち明ける。2人は今後は共に帝を支えていくことを誓いあう。

しかし、兼実の娘がすでに帝の(きさき)となっていることを告げられた頼朝は内心穏やかではない。頼朝も長女の大姫を次の帝に嫁がせようと画策していたのに、先を越されてしまったからである。

同行した御家人たちは祝宴を開くが、頼朝は現れない。頼朝工藤祐経に誘われ歌会に参加していた。

和田義盛は不満をもらす。義時嫁取りの話題になるが、後添えをもらうつもりのない義時は気まずくなり、席を離れる。

一人でいる義時重忠が、頼朝不信をつのらせている者たちが集まっていることをそっと伝える。

源範頼の宿所には、比企能員土肥実平千葉常胤岡崎義実らが集まり、頼朝に対する不満をぶちまけていた。

範頼は、安寧の世をつくるために兄・頼朝は力を持たなくてはならないのだと諭し、理解を求める。

曽我兄弟の真意とは?

頼朝一行鎌倉に戻った後も、義時は御所へは行かず、相変わらず孤児たちの世話に明け暮れる。

政子たち兄弟は心配するが、忙しくすることで悲しみを紛らわせているのであろうということになり、様子をみることになる。

時政伊東祐親の長男・河津祐泰(すけやす)の息子・曽我祐成(すけなり)と時致(ときむね)の兄弟を家人として迎えていた。

1192年3月、後白河法皇が崩御。頼朝は、自らを大将軍とするように朝廷に要求。数ある将軍職のなかで朝廷が任じたのは征夷大将軍である。

政子は第4子を出産。千幡(せんまん)と名付けられたこの子は、のちの源実朝である。阿部全成実衣夫妻が乳父母に選ばれる。

比企能員夫妻はそのことに危機感を覚える。自分たちが乳父母を務める万寿ではなく千幡鎌倉殿になるようなことがあると比企家の立場が弱くなるのではと心配する。

そこで、姪の比奈頼朝の側女にすることを画策。比奈は比企一族の中でもひときわ美しい娘である。頼朝比奈をひと目で気に入り、側近くに置く。そのことを聞いた政子は憤る。

頼朝比奈のいる部屋に乗り込み2人を睨みつける。頼朝はとっさに義時の相手に比奈をどうかと考えていたと言い訳をする。

政子はその話に乗り、比奈義時の所へ行かされる。後添えをもらうつもりのない義時比奈を帰らせる。たらい回しにされた比奈比企夫妻に不満をもらす。

曽我兄弟時政にある相談をもちかけてくる。曽我兄弟工藤祐経への敵討ちを企てているという。

祐経は以前、伊東祐親に家を追い出されたことを恨み、祐親に仕返しを企むが、誤って祐親の息子・祐泰を殺めてしまう。父・祐泰を殺された曽我兄弟祐経に恨みを抱いてたという訳だ。

祐経頼朝の覚えもめでたいが、親の敵ならば話は別とりくも賛同し、時政は2人力添えを約束してしまう。

そのやりとりを梶原景時に仕える善児が聞いていた。

頼朝は富士の裾野にて巻狩りを企画する。万寿を嫡男として御家人たちに披露しよう考えていた。

祐親の仇討ちを企てていた曽我兄弟は、仇討ちに乗じて頼朝を襲うことも考えていた。頼朝は祖父・伊東祐親恩を仇で返したこと、また文官ばかり出世するしくみに不満をもある

曽我兄弟岡崎義実ら20人ほどの武人が同調している。時政もこの中に入っていたが、時政には祐経への仇討ちしか知らせられていない。

比企能員も仲間にと誘われるが、失敗するであろうと様子見を決め込む。どちらに転んでも自分たちは都合がよいとほくそ笑む。

謀反の動きを察知した藤原景時は、義時を呼び出し、時政が関与していることを告げる。

感想

義時は、北条家は息子を諭すのに「北条家は他の一族よりも立場が上なので慎みなければならない。」と言っていた。面倒な子どもたちの世話も率先してやるし、さすがだ。
ドラマでは、義時は一途で真面目な人として描かれている。

なのに、義時をむっつりだの薄気味悪いだの陰口を言う比企家の人々。義時は一応、主人公なんですよー!

後半は一気に不穏な雰囲気になり、心臓がバクバクした。来週が怖いけど、楽しみだ!

「鎌倉殿と13人」を見るなら動画配信サービスが便利。
初回は無料お試しもあります!

「鎌倉殿と13人」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「鎌倉殿と13人」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク