関連記事一覧

スポンサーリンク

森山未來が演じた金原亭馬生と古今亭朝太 とはどんな人?「いだてん(韋駄天)」

第19回ではオープニングクレジットにはなかった森山未來さんが出演。しかも、金原亭馬生と古今亭朝太のダブルキャストで高座にあがり演じ分けるという荒業を軽々とこなし、その天才っぷりに度肝を抜かれました。金原亭馬生と古今亭朝太は志ん生の実の息子なのですが、どんな方だったのでしょうか?調べてみました...

孝蔵(森山未來)が円喬(松尾スズキ)から旅に出るように言われた本当の理由「いだてん」

第14回では、孝蔵(森山未來)は師匠の円喬(松尾スズキ)から旅に出るように言われます。孝蔵は自分が破門されたのかと勘違いしますが、そんなことはありませんでした。真相は闇の中ですが、でも理由として考えられることはあります。それは...

播磨屋の黒坂辛作役の代役!三宅弘城(みやけひろき)さんてどんな人?「いだてん(韋駄天)」

2019年3月、播磨屋の主人の黒坂辛作役だったピエール瀧さんが麻薬取締法違反の疑いで逮捕されてしまい降板という辞退になりました。代役として三宅弘城(みやけひろき)さんが4月より登場します。三宅弘城さんっていったいどんな人なのでしょうか?

肥後(ひご)もっこす!金栗(中村勘九郎)めんどくさい男になる!「いだてん(韋駄天)」

オリンピックのプラカードの表記をめぐり、金栗(中村勘九郎)が嘉納先生(役所広司)に猛然と異議を唱えます。どちらかというと大人しく、従順な生徒だった金栗くん。いったいどうしたのでしょう?金栗の出身地、熊本には肥後もっこすという言葉があるのですが、この言葉に秘密が隠されてるのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク