関連記事一覧

スポンサーリンク

金栗(中村勘九郎)と三島(生田斗真)の友情が愛に変わるとき?「いだてん(韋駄天)」

「いだてん」では俳優さんたちが本当によく脱ぎます。第10回では半裸の三島弥彦(生田斗真)を金栗四三(中村勘九郎)を押し倒して、抱き合うというハードなシーンがあります。でもこれが愛と感動と笑いにあふれた素晴らしいシーンだったので、ずっと残しておきたいと思いまとめました。

「いだてん(韋駄天)」黎明(れいめい)の鐘を鳴らすのはあなた〜♪オリンピックへの道!

初めはオリンピックに出ることを拒否していた金栗四三(中村勘九郎)は、嘉納治五郎(役所広司)に説得をされて出場を決意します。その時、黎明の鐘という言葉がでてくるのですが、どういう状況で、どのように使われたのか、チェックしてみましょう。

「いだてん(韋駄天)」オリンピックの旅費1800円(明治後期)は現在のいくら相当?

金栗四三(中村勘九郎)がオリンピック代表に選出されました。しかしお金がない協会は、オリンピック出場のための費用が出せません。苦肉の策として、金栗本人に費用負担を提案します。その額は1,800円也。当時の1,800円とはいったい、いくらだったのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク