「青天をつけ」渋沢栄一がよくわかる各回の印象的なセリフ

eichi1

©NHK



第1回 みんなが嬉しいのが1番!

自分勝手な行動をして周りを困らせた幼少期の栄一。母は胸に手をあて、それが本当に正しいことかどうか聞くように諭した。

「あんたがうれしいだけじゃなくて、みんなが嬉しいのが一番だで」

第2回 商いとは?

栄一は父に連れられ、各地の藍畑を見に行くようになる。道々に父は商いとはどういうことかを話した。

「藍玉作りは、いいもんをつくりゃあ、人にうれしがられ、自らも利を得て、また村を潤すこともできる。人のためにも己のためにもなる。いい商いだに」

第3回 この町は今日は祭りかい?

父に連れられ、初めて江戸に出た栄一は、その賑わいに驚く。

栄一「俺は嬉しい。この町は商いで出来ている。お武家様などまるで脇役だ!」

第4回  泣く子と地頭には勝てぬ

お役人の態度に憤慨する栄一に父・市郎右衛門が言った言葉。

「いかに道理を尽くしても仕方のないこと。それはすなわち、泣くこと地頭だ。」

第5回 誰しもかけがいのなき者を天災で失うのは耐え難きこと

和親条約で伊豆に来ていたロシア船が大津波に遭い転覆したと聞いた斉昭は喜び、船員を皆殺しにしろと言い放つ。それを聞いていた藤田東湖は後で斉昭を諌めた。

藤田東湖「異国人とて国には親や友がありましょう。誰しもかけがいのなき者を天災で失うのは耐え難きこと。また今となっては夷狄を打ち払うよりも、いかにして日の本の誇りを守るかが肝要でございます。」

「青天をつけ」を見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!

「青天をつけ」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「青天をつけ」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク