あらすじ・感想・ネタバレ一覧

スポンサーリンク

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……そして、麒麟はいつ、来るのか?

若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。

「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

「麒麟(きりん)がくる」第19回!京でイケメンたちが再集結!ネタバレあり!

越前でつつましく暮らしていた十兵衛(長谷川博己)は、ある日、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から呼び出される。将軍・義輝(向井 理)が戻った京の様子を探りに行くように命じられた。京でまた義輝らに会えることを思うと、十兵衛は心が弾んだ。ところが、京ではとんでもない計画が...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク