「麒麟(きりん)がくる」第41回!帝と月見かつら男話で盛りあがり!ネタバレあり!

kirin041

©NHK



第41話 2020年1月17日

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「麒麟がくる」の初回の視聴率は20%に迫る好調なスタートです。 大河ドラマの初回19%...

足利将軍の威光

足利義昭(滝藤賢一)は、諸国の大名に信長(染谷将太)を倒すべしとの文を送り続けていた。

信長に対抗する勢力の強い丹波でも、戦は続いていた。

十兵衛(長谷川博己)は、捕らえた国衆たちを斬らずに解放し、なぜ抵抗を続けるのか尋ねた。

代々、足利将軍から領地を授かり恩顧を受けてきたから、その恩に報いるためにやっている、と返される。

十兵衛らが戦ってきた相手とは義昭様だったのか!と愕然となる。

平蜘蛛(ひらぐも)のゆくえ

十兵衛が丹波から坂本城に戻ると、秀吉(佐々木蔵之介)が播磨出陣の挨拶に訪れた。

十兵衛秀吉に、平蜘蛛を持っていることを信長に密告し、十兵衛の立場を悪くしようとした事実を突きつける。

秀吉は狼狽し、色々と言い訳するが、最後は平謝りした。

その後、十兵衛は安土城に出向き、平蜘蛛を信長に献上した。

これを持つ者として志高く心美しくあるという覚悟を求めるが、信長は金に換えるとそっけない。

御所でお月見

十兵衛三条西実澄(石橋蓮司)に連れられ、と対面を果たす。

は月は遠くから眺めるのが良いと先帝の教えられたと言う。

なれど力ある者は皆、あの月へ駆け上がろうとすると。

そして、十兵衛信長はどうかと問い、この後、信長が道を間違えぬよう、しかと見届けよと十兵衛に命じるのだった。

◎本能寺の変はなぜ起きた?明智光秀(長谷川博己)らのセリフからそのなぞを探る。「麒麟がくる」

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎その他のあらすじは➡コチラからどうぞ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク