「麒麟(きりん)がくる」第13回!斎藤家も織田家も大モメ中!ネタバレあり!

kirin013

©NHK



第13 話 2020年4月12日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「麒麟がくる」の初回の視聴率は19.9%と20%に迫る好調なスタートです。大河ドラマ...

斎藤利政の逆襲

利政(本木雅弘)は、暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)に対抗し、頼芸と一戦交えると国衆を前に豪語した。

嫡男の高政(伊藤英明)は父を裏切り、頼芸側につくことを決めていて、十兵衛(長谷川博己)も誘う。(前回)

十兵衛は思案にくれた。

利政には恩がある。しかし、高政には今後は何でも言うことを聞くと約束したばかりだ。

考えた末、稲葉山城へ赴いて、利政に訴えた。

なぜ戦をしなくてはならないのか。多くの国衆が敵と味方に分かれて殺し合えば、美濃は一つにはならない、と。

それに対して利政は、尾張では織田信秀(高橋克典)が死に、これから先何が起きるか分からない。ゆえに、美濃が生き抜くため、国衆に喝を入れただけなのだと。

また、頼芸には穏やかに美濃を出ていってもらうよう手は打ってあると言う。

翌日、深芳野(南果歩)の居室でくつろいでいた利政のもとへ、高政が鬼の形相で現れた。

頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城へ向かった高政の前から、頼芸は逃げ出してしまった。

飼育していた鷹二十羽を惨殺され、怖気づいたのだ。

利政の報復だということは誰の目にも明らかだ。

真の父上を失ったと声を荒げる高政を、目の前にいる下賎な男がそなたの父じゃと利政はあざ笑い、これでは家督は譲れないと言い捨て、部屋を出ていった。

秀吉の登場!

帰蝶(川口春奈)からの依頼で東庵(堺正章)と(門脇麦)は尾張を訪れたが、信秀(高橋克典)はすでに亡くなっており、二人は次の目的地である駿河に向かった。

伊呂波太夫(尾野真千子)からの依頼で、病弱の子どもを診てほしいという駿河の豪商を紹介してくれたのだ。

謝礼は百貫出してもいいという、ありがたい話である。

は尾張の次は美濃の明智家へ行き、命の恩人が誰であったか確かめる予定だった。

しかし、十兵衛が妻を迎えたことを帰蝶に聞き、気持ちがなえてしまった。

今川の軍勢が通過するため、駒たちが遠江の関所で足止めを食っていると、書物を読むたどたどしい声が聞こえてきた。

声の主は、裸足で粗末ななりをした行商人風の若い男である。人懐っこい笑顔で、駒に読み方を教えてくれと話しかけてくる。

字が読めぬと出世できないと聞いたので、男は寺の坊さんがくれた写本で一生懸命勉強しているという。

そして、これからは今川の世だ、自分も駿河で一旗揚げるのだと、男は得意げに言うのであった。

この男の名は藤吉郎(佐々木蔵之介)、後の豊臣秀吉である。

織田家のその後

信長(染谷将太)の家老であった平手政秀が切腹した。その理由は定かでなく、今川ばかりか織田の身内までもが戦を仕掛けてきて、信長は一時たりとも気が抜けない状況だ。

そんな中、帰蝶利政から届いた文を差し出す。

信秀が亡くなったので、家督を継いだ信長と会見したいという内容である。

信長は顔をしかめた。対面と称し、信長をおびき出して殺す気ではないか。さすれば、労せずして信長の領地が手に入る。

だが断れば和睦はなかったことになり、自分も美濃へ戻らねばならないと帰蝶は言う。

その夜、寝所で帰蝶はふと信長に尋ねた。

信秀が生前、ひいきにしていた旅芸人一座の伊呂波太夫という女座長は、戦の折、速やかに傭兵を集めることができると聞いたが、本当かと。

信秀の弔い興行に来ているという話しを聞いた帰蝶は、伊呂波太夫に会いに行き、大金を払い、傭兵徴収を依頼。

さらに帰蝶は、新しきもの、美しきものを好むという父・利政向けの信長の衣装を用意し、これは父上と私の戦と言ってのける。

一方、利政の元には信長と敵対する織田彦五郎から手を結びたいという誘いが来ていて、信長殺害も示唆していた。

それに対し、利政信長と会ってみてからと返答。信長がつまらない人物なら亡き者にすることも視野に入れいていた。

利政は、会見場所の正徳寺に行く前に信長の様子をべつの場所から観察する。

間もなくやってきた一行をみた利政は度肝を抜かれた。

総勢300人以上の鉄砲隊だ。

馬の上には奇抜な着物に身を包み、ふてぶてしい顔つきで瓜を頬張ってる男がいた。

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎その他のあらすじは➡コチラからどうぞ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク