「麒麟(きりん)がくる」第24回!次の将軍にだれを担ぐのか?ネタバレあり!

kirin024

©NHK



第24話 2020年9月20日

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「麒麟がくる」の初回の視聴率は19.9%と20%に迫る好調なスタートです。 大河ドラマ...

義輝討たれる!

永禄8年5月。三好の軍勢が将軍・足利義輝(向井理)の邸宅・二条御所に押し入り、義輝を殺害。

知らせを聞いた十兵衛(長谷川博己)は、朝倉義景(ユースケサンタマリア)の許しを得て、多聞城の松永久秀(吉田鋼太郎)の元へ急いだ。

松永は息子とたちのしでかしたことだが、自分も責を負わねばならぬと言う。

怒りに燃える十兵衛に、銃を渡し、これで撃てと自分の額に押し付けてみせる。

十兵衛は叫びながら、空に向かって弾を放つ。

松永は、次の将軍の座についての話をしてきた。

義輝の弟、覚慶(滝藤賢一)は三好方に幽閉されていたが、松永の采配により藤孝(眞島秀和)らが脱出させ、甲賀(こうか)の和田惟政(これまさ)の館に身を寄せているのだという。

松永は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を光秀に見せる。

そこには、朝倉家は覚慶将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように、と書いてあった。

覚慶はどんな人?

十兵衛が和田の館にやってくると、その門前で三淵(谷原章介)や藤孝らが騒いでいた。

そこへ、服はボロボロ、足を血だらけにした一人の僧侶が人々支えてもらいながら戻ってきた。

それが覚慶(滝藤賢一)だった。

覚慶は、大和の寺に戻ろうと思い立ち、裸足で館を抜け出したのだという。十兵衛覚慶を見て何か違和感を感じる。

三淵覚慶十兵衛のことを紹介すると、覚慶十兵衛に将軍の大任が自分に務まると思うか?と聞いてきた。

死にたくない一心で大和を出てきたが、自分は兄・義輝のような強さも器量もない。人を殺すなど、思うだけでも恐ろしい。そんな弱い人間が将軍になれるかどうかと。

越前に戻ると、義景覚慶は将軍にふさわしいかどうかと問うてきた。

十兵衛は、率直に言えば覚慶は将軍にふさわしいとは思えないと答えてしまう。

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎その他のあらすじは➡コチラからどうぞ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク