「時代劇チャンネル」試してみたい!を叶えるサービスがあった!

jidaigeki_okappiki

時代劇好きな人にとっては、時代劇チャンネルって魅力的な存在なはずです

でも実際には、時代劇チャンネルを見るのはハードルが高いです

なぜなら有料放送サービスを提供している会社との契約が必要で、しかも複数のサービスから選択しなくてはならないからです

自分の環境にあったものはどれなのか?

どれがお得なのか?

これを見極めるのはちょっと難易度高めです

で、迷っているうちにタイミング逃してしまいがちなんですよね〜

でもね、時代劇チャンネルの世界をちょっとだけ覗いたい方に朗報があります!

それは「ひかりTVどこでも」というアプリを利用する方法と「Amazon Prime Videoチャンネル」の2つです

こちらを利用すれば、有料放送サービスとの面倒な契約は必要はなくはありません!

月会費は必要ですが、有料放送に比べればずーっと安いです

では、それぞれについて説明してまいりますね



”ひかりTVどこでも” アプリ

ひかりTVどこでも
カテゴリ: エンターテインメント, ライフスタイル

ひかりTVどこでもアプリをインストールすることで、スマートフォンやタブレットで時代劇チャンネルビデオ作品の一部を視聴可能です

無料プランエントリープランバリュープランの3つのプランがありますが、時代劇チャンネルのコンテンツは無料プランでは視聴できません

エントリープラン、バリュープランは月額基本料金が必要です

エントリープラン

月額基本料金 324円(税込350円)

Apple決済の場合は、445円(税込480円)/30日

ドコモ決済の場合は、325円(税込351円)/月

バリュープラン

月額基本料金 926円(税込1,000円)

Apple決済の場合は、1,112円(税込1,200円)/30日となります

ただし有料ビデオの視聴は別途料金が発生します

現在視聴できるのは、必殺シリーズ、池波正太郎時代劇、山本周五郎時代劇などを中心に104作品となっています

hikari5

hikari2

●必殺仕事人シリーズを選択してみます

hikari3

●こちらはバリュープランでの視聴ということで、1200円(月)のプランに加入が必要となります

hikari4

スマホやタブレットで手軽に見れるはなかなかいいですよ〜★

◎ひかりTVどこでものアプリはコチラから

Amazon Prime Videoチャンネル

Amazon Prime Videoチャンネル「Amazonプライム」会員専用の映像配信サービスです

Amazonプライム会員であることが前提条件となります

※Amazonプライム会員とはについては下の方に書きます

Amazon Prime Video内に設けられた有料チャンネルの中で、時代劇専門チャンネル作品の一部を視聴できます

また、Amazon Prime Video14日間は無料で体験できます

14日後はチャンネルごとに設定された月額料金が、Amazonプライムの会員料金に加算されるしくみです

14日間試して気に入らなければ、解約する事も可能です!

◎Amazon Prime Videoについて詳しくはこちらをご覧下さい

Amazonプライムとは 

Amazonプライムは年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、プライムフォト、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです

私もAmazonプライム会員なのですが、特典はたくさんありすぎて、全て使いこなすのは無理なんですよね〜

Amazonで買い物した場合は送料は常に無料な上に、いつも最速で届けてくれます!というのがデフォルトなので、普段はあまり気にしてないです

特に便利に使っているのは、Amazonパントリープライム・ビデオかな

パントリーは食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入できるもので、重たい洗剤類や調味料の買い物に毎月利用してます

プライム・ビデオも映画やTV番組が追加料金なしで見放題なので暇つぶしには最高!

◎Amazonプライムについては、詳しくはこちらをご覧下さい

しのぶの一言

「ひかりTVどこでも」「Amazon Prime Videoチャンネル」も通常の時代劇チャンネルと全く同じサービスではなく、コンテンツの一部が視聴できるというものです

それでもかなりの数の番組が楽しめるので「時代劇チャンネル」のお試し感覚で楽しめるはず!

なお、チャンネルが提供するコンテンツは、随時変更されます

新しいコンテンツが追加される一方で、削除されるコンテンツもあるということです

時代劇が好きな方は試してみてはいかがでしょうか?



シェアする

フォローする