真田丸と映画「清洲会議」併せて見るとさらに面白い!

真田丸を見る少し前に、人に勧められて映画「清洲会議」を観ました。

清洲会議ってどんな会議会議だけで映画になるってどういうことなの?

と思いながら観たのですが、出演者が豪華でメチャメチャ面白い映画でした!

でもその後真田丸を見て、またまた度肝を抜かれました!

出演者が何人かかぶっているのですが、正反対のキャラを鮮やか演じわけられていて、俳優さんってホント凄いなーと感嘆しました!



「真田丸」と「清洲会議」両方に出演されている俳優

両方に出演されてるのは、大泉洋さん、小日向文世さん、鈴木京香さん、寺島進さん。

私が確認できたのはこの4人です。他にもいるのかもしれません。

では、だれがどの役だったのかご説明しますね。

大泉 洋

「清洲会議」: 羽柴 秀吉
「真田丸」: 真田 信之

大泉洋さんは「清洲会議」では調子のいい秀吉を好演しています。いつもバラエティで見てる明るい大泉洋さんのキャラクターからだとこちらの方がぴったりな感じでした。

ところが、「真田丸」では一転して、まじめで面白みのない長男の信之役に。

突拍子もない父幸昌や弟信繁に囲まれて、いつも気をもんでいるそんな役でした。

でも実は、大泉洋さんて意外に静かでまじめな方らしいのです。そういう面を監督も見ていたようです。

真面目な大泉洋さんもなんだか面白かったです。

小日向 文世

「清洲会議」:  丹羽 長秀
「真田丸」 羽柴 秀吉

「清州会議」での丹羽長秀という人は、真面目でニコりともしない、暗い感じの男でした。

ところが真田丸では、秀吉役に!

頭脳明晰で明るて派手で調子のいい男変身!

でも妻の寧々曰く、“いつも明るくしているけど本当は怖い人”と

晩年の秀吉の暴走はひどくて、多くの人を死に追いやることになるのです。

そんな天下の秀吉明るさ、怖さ、弱さを熱演して、強烈な印象を残しました。

鈴木 京香

「清洲会議」: お市の方(信長の妹)
「真田丸」: 寧々(秀吉の正妻)

清洲会議でのお市の方は、眉も剃って、お歯黒もして、白塗りでした

鈴木京香さんといえば日本を代表する美人女優なのに….

なんでこんな仕事受けちゃったの!って思うくらい、ブサイクでした…。

その分、ねっとりした女らしさを醸し出していましたが…。

でも真田丸の中では、みんなから愛される優しい寧々様役だったので、私はホッと胸をなでおろしましたよ。

でも、ホントお歯黒ってあんなにも女をブサイクにするものなのですねー。

恐ろしやー

寺島進

「清洲会議」:  黒田 官兵衛(秀吉の軍師)

「真田丸」:  出浦 昌相(真田昌幸の家臣、忍び)

寺島進さんだけは、どちらの役柄も似たような感じでした。
黒っぽい衣装で家臣として支える役です。

でも黒田官兵衛は、岡田准一官兵衛の方が印象が強くて、ワタシ的には馴染めなかったけど。

でも、どちらの役も渋くて安定のカッコよさでした!

<キャスト>
役所広司 大泉洋 小日向文世 佐藤浩市
妻夫木聡 浅野忠信 寺島進 でんでん 松山ケンイチ 伊勢谷友介
鈴木京香 中谷美紀 剛力彩芽
<ストーリー>
天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだー。跡を継ぐのは誰か?
後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を信長の後継者として推す。
勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、秀吉への恨みから勝家派に。
一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく。
そして、開かれる清須会議ー。会議に出席したのは4人。勝家秀吉に加え、勝家派の策士・丹羽長秀(小日向文世)、会議の行方を左右する池田恒興(佐藤浩市)。
繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う! 勝家派か?秀吉派か! ?
(c) 2013フジテレビ 東宝

しのぶの一言

三谷幸喜監督作品はどれも面白くて、大好きなんです。

登場人物がとにかくみんなちょっと変なんですよね(笑)

いつもの俳優さんが、ちょっと違う変な人をしれっと演じているは最初はビックリするけど、それもまた楽しみですね。



シェアする

フォローする