西郷どん(せごどん)方言特集!第5回薩摩弁対訳(一部)

somo1

©NHK

西郷どん(せごどん)第5回に出てくるセリフの一部を現代語に翻訳してみました

耳だけで聞くとかなり難しい方言(薩摩弁)でも、文字にしてみるとだいぶわかりやすくなるはずです



第5回 相撲じゃ!相撲じゃ!

あいがて


正助
「あいがて!!声がかかったら、いつでんお役目に戻れるよう備えておらんにゃいけもはんで」

ありがたい!声がかかったら、いつでもお役目に戻れるよう備えていないといけませんから

がっかい

有村俊斎「斉彬公にはがっかいじゃ」

→斉彬公にはがっかり

おもしてか

吉之助「糸どんは、おもしてかおなごじゃ」

→糸さんは、おもしろい女子だ

きばる

吉之助「おっ、新八どん、キバっちょっが」

→おっ、新八どん、頑張ってる

出っち


新八
「吉之助さあは自分が総代で出っち思っちょっようじゃが、下加治屋の総代はおいでごわす!」

→吉之助さぁは自分が総代で出ると思っているようだけど、下加治屋の総代は自分です!

上がっこっが

吉之助「すんもはん!わけあって村田新八、土俵に上がっこっがかないもはん」

→すいません!わけあって村田新八、土俵に上がることがかないません。

おっとじゃなかか

正助「もしかしたら、糸さあは心に想っちょっ人がおっとじゃなかか?」

→もしかしたら、糸さんは心に想っている人がいるんじゃないですか

しのぶの一言

”おっとじゃなかか” と書いていて、おっとっとのCMで ”おとうと おっとと” っていうのがあったことを思い出しました!

”〜じゃっち” というのも九州以外の方には難しく感じるのかもしれませんね。シュワッチみたいに聞こえるのかも?

その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎見逃し番組を見る方法は ➡ コチラです

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする