西郷どん(せごどん)方言特集!第20回薩摩弁対訳(一部)

dappan

©NHK

西郷どん(せごどん)第20回に出てくるセリフの一部を現代語に翻訳してみました

耳だけで聞くとかなり難しい方言(薩摩弁)でも、文字にしてみるとだいぶわかりやすくなるはずです



第20回 正助の黒い石

そい

正助「おいは用事があって出入りした。そい以上のこつは無用じゃ」

→俺は用事があって出入りした。それ以上のことは無用じゃ

こげん

俊斎「こげんなったら井伊を斬るち、こん文に書いてあっど!」

こんな事になったら井伊を斬ると、この分に書いてあるぞ!

こん

有馬「こん知らせを聞いても奮い立たんやっせんぼは捨て置け!同志を集めっど!脱藩じゃ!」

この知らせを聞いても奮い立たない弱虫は捨てて置け!同志を集めるぞ!脱藩だ!

あん

大山「正助。あん諭し書き(さとしがき)、わいが書いたものではなかか?」

→正助。あの愉し書き、お前が書いたものではないのか?

じゃっとが

大山「やめ!小さかときからの友じゃっどが!」

→やめろ!小さいときからの友達じゃないか

その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎見逃し番組を見る方法は ➡ コチラです

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする