脱藩とは?脱藩するとどうなるの?

dappan

©NHK

脱藩(だっぱん)とは、

江戸時代に武士がを脱出して浪人になることです



脱藩の罪

脱藩して、つかまれば入牢、身分剥奪、家は取り潰し、切腹させられたりすることもありました

しかし実際には、藩にとって重要な人物でないかぎり、しかるべき手続きをとれば、藩籍を抜けることは可能でした

悪事を働いて逃げたと言うのでもない限り、追っ手がかかってつかまるということもありませんでした

追っ手も他領では領主の許可がなければ勝手に捕まえられないのです

脱藩はよくある事だったのか?

どの程度脱藩があったかはわかりませんが、それほど珍しいことではなかったようです

幕末になると、尊王攘夷思想が広まり、自由に行動するため脱藩をする者が増えていきました

京都など政治的中心地には、諸藩の同志が志を遂げようと続々と集まってきました

その頃は、藩の側も脱藩を黙認することが多かったようです

脱藩した尊王攘夷派の志士で有名なのは、長州藩士吉田松陰高杉晋作土佐藩士坂本龍馬中岡慎太郎などです

脱藩して生活に困らないかったのか?

武芸で身を立てたり、大店や農村に用心棒として雇われ、生計を立てていたようです

また、武士を捨てて庶民になってしまう人もいたそうです

幕末の尊王攘夷派の志士はどうでしょう?

同志や活動を応援する人が援助したり、実家から仕送りがあったようです

坂本龍馬の場合だと、薩摩藩から雇われたりしていたもしていました

しのぶの一言

脱藩すれば、身分の保証も報酬もなく、生活するのにはかなり厳しかったはず

それでも志を立てたい思いに突き動かされ、脱藩していった武士たちのことを思うと胸が熱くなります



シェアする

フォローする