西郷どん(せごどん)方言特集!第3回薩摩弁対訳(一部)

©NHK

西郷どん(せごどん)第3回に出てくるセリフの一部を現代語に翻訳してみました

耳だけで聞くとかなり難しい方言(薩摩弁)でも、文字にしてみるとだいぶわかりやすくなるはずです



第3回 「子どもは国の宝」

今じゃした

「いまじゃした!」
今帰りました

しちょっ

「体面を気にしちょっ場合じゃなかでごわす!」
→体面を気にしてる場合じゃないです

貸してくるっとか

「どこの物好きがおはんに金をば貸してくるっとか」
→どこの物好きがあんたにお金を貸してしれるんだい

そげな

「そげなもん、いくらでんあっが!」
そんなもの、いくらでもあるわ!

こっ

「バカたいが!武士が家を売るち、そげん恥ずかしかこっができっか」
→ばか者!武士が家を売るなんて、そんな恥ずかしいことが出来るか

「そうじゃしたか。多少のこっであれば、おいがなんとかしてやりたかどん」
→そうでしたか。多少のことであれば、私がなんとかしてやりたいけど

「とんでもなかこっでございもす!」
→とんでもないことでございます

「……わざわざご足労いただいたどん、お貸しすっこっは」

→わざわざご足労いただいたけれど、(お金を)お貸しすること

あいがとさげもす

「..…あいがとさげもす!」
→ありがとうございます

しのぶの一言

語尾が”っ”となるものが多いのが特徴的ですね

その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎見逃し番組を見る方法は ➡ コチラです

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする