【戦国時代のお金の価値】1貫(かん)や1文(もん)はいくらになる?「麒麟がくる」

2020_okane
大河ドラマ「麒麟がくる」にときどき、お金の話しが出てきます。

ドラマ中では、貫(かん)とか文(もん)とか銭(せん)などが使われていますが、どのくらいの価値になるのか疑問がわいてきますよね。

NHK「麒麟がくる」のホームページに、の現在の価値についての記載がありました!

NHK「麒麟がくるあらすじ第7回



1貫は何円?

NHKの麒麟がくるのサイトによれば、1貫約15万円

1貫   約15万
10貫   約150万
100貫 約1500万

1文(もん)は何円?

1,000文=1貫文なので、1文は約150円。

1銭は何円?

1銭1文と同じ意味。

「麒麟がくる」にでてくるお金

第1回

比叡山延暦寺 通行料 15文 ⇒ 2,250円

第4回

東庵先生の博打(ばくち)で作った借金 10貫 ⇒ 約150万円

第7回

◉御所の修理に寄付した金額
織田信秀  4,000貫 6億円
今川義元  500貫  ⇒ 7千500万円
斎藤道三の父 なし ⇒ 0円

第9回

お茶 1杯1銭 ⇒ 150円

このあとも、お金について考察していきます〜!

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利!
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る(31日間無料、600ポイントつき)
 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る(30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク