守護(しゅご)とは?守護代(しゅごだい)とは?戦国大名との関係は?

kirin004

©NHK

戦国時代のドラマでは、守護(しゅご)とか守護代(しゅごだい)という言葉がよく出てきます。

偉い人のようですが、どのような役職なのかわかりずらいですよねー。

実は、戦国大名とも関係性があるのです。

ということで、その辺りをわかりやすく解説します!



守護(しゅご)とは?

守護鎌倉幕府が作った職種です。

幕府に任命された国におもむき、警察官のような仕事を担当していました。

室町時代に入り幕府が弱体化すると、行政権限にまで力を伸ばし、土地の支払配力を持つ守護も現れました。

このようにして実質的な領主となった者を、守護大名と呼びます。

守護代(しゅごだい)

守護の中には、現地には代官(代役)を置いて、自分は京で貴族のように暮らす者もいました。

この守護の代官のことを守護代といいます。

戦国大名が現れる

室町時代には、守護代の中から力を持ってのし上がる者が現れ、守護大名を脅かす者も出てきました。

また、国衆からも実力者が現れ、守護守護代の立場をねらうようになります。

いわゆる下剋上というものです。

そして、幕府が正式に守護として認めてないが、実力でその領地を奪い取り、領有する戦国大名が各地で現れたのです。

守護から戦国大名になった例

駿河の今川氏親
甲斐の武田信玄

守護代から戦国大名になった例

尾張の織田信秀
越後の長尾為景( 上杉謙信の父)

国衆から戦国大名にのし上がった例

安芸の毛利元就
美濃の斎勝道三

【12/27 HP更新のお知らせ】 写真で紡ぐ、麒麟の世界。 麒麟絵巻<序章> 初...



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク