駒(こま)武将から子供までモテまくりな女子「麒麟が来る」

koma1

©NHK

は苦難に会いながらも、様々な人に助けられ、健気に生きる女の子。

訳ありの医師、東庵(堺正章)の助手として、生き生きと働く姿はとても清々しくみえます。

東庵も駒も実在する人物ではありませんが、ドラマでは主人公の明智光秀(長谷川博己)の人生に関わります。

は、麒麟の言い伝えを主人公・明智光秀(長谷川博己)に伝えるという重要な役割を持っています。

この麒麟の言い伝えこそ、庶民の願いそのものなのでしょう。

を演じる門脇麦さんは、数々の演劇の賞を受賞している実力派若手女優です。

大河ドラマでは、2013年「八戸の桜」で八重の兄・山本覚馬(西島秀俊)の娘、久栄を演じていました。覚えていますか?



駒(こま)

戦災で両親を亡くし、戦火の中から名も分からぬ武士に命を救われる。

その命の恩人が語ってくれた伝説の生き物・麒麟の存在を信じるようになる。

幼少期は旅芸人の一座とともに過ごし、その後、京の医師・望月東庵(堺正章)に引き取られる。

東庵のもとで薬草の知識を育み、看護の腕を磨き、助手へと成長する。

名医を求めて京を訪れた光秀(長谷川博己)と出会う。

門脇麦(かどわきむぎ)

1992年生まれ、東京都出身

2011年、TVドラマ「美咲ナンバーワン!!」で女優デビュー。

主な出演作

ドラマ:「トドメの接吻」「まれ」「八重の桜」

映画:「愛の渦」「ここは退屈迎えに来て「チワワちゃん」「さよならくちびる」など。

2018年、第42回エランドール賞新人賞を受賞。19年、映画「止められ
るか、俺たちを」で第61回ブルーリーボン賞主演女優賞を受賞。

◎門脇麦さんの作品はこちら↓のU-NEXTから視聴可能です!

※2020年2月11日現在視聴できるものは下記の25作品です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください!

※画像の右上に赤いマークがついているものは有料になります。価格は★マークの右隣に記載されています

koma_unext1
koma_unext2
koma_unext3
koma_unext4
koma_unext5

◎ 見逃した「麒麟がくる」を見るには コチラから

◎ その他の関連記事はコチラをどうぞ!

◎ LINEで友達追加していただくとブログの更新情報や最新情報をお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク