朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の殿っぷりが面白い!「麒麟がくる」

yoshikage

©NHK

明智光秀(長谷川博己)は落ち延びた越前で、君主の朝倉義景と引き合わされる。

名家の朝倉家の当主、朝倉義景さまを演じるのは、ユースケ・サンタマリア

ピンクの水玉のお着物なんか着ちゃって、見るからにチャラそう。

話してみると、軽薄で、恨みがましく、なんか適当そうだし、器が小さそうな雰囲気がプンプンします。

戦国武将というより、公家っぽいかんじ。

猛々しく、威厳があった斎藤道三(本木雅弘)とは大違いです。

義景は、生真面目で率直な明智光秀のことは、明らかに嫌いみたいで、光秀が座ってた場所をわざわざ下男に拭かせたりしてました。(笑)

リアクションがいちいち面白いので、目が離せません!



朝倉 義景(あさくら よしかげ)

越前国を治める朝倉氏は、応仁の乱以降、衰退する室町幕府の中でも強勢を誇った大名。

義景の継室に、朝廷内の実力者である近衛家の娘を迎えるなど、中央政権にもつながりがありました。

居城のある一乗谷(いちじょうだに)は、北陸道や美濃街道など交通の要衝も押さえており、一乗谷城を中心に豊かな国を営んでいました。

応仁の乱により荒廃した京から多くの公家・高僧・文化人などが避難し、一大文化圏を築き上げており、「北ノ京」とも言われていました。

義景自身も戦(いくさ)より文芸を好む人物だったようです。

足利義輝の没後、その弟・覚慶(足利義昭)を越前に迎え、烏帽子親として覚慶の元服を見届け、さらに義昭を奉じての上洛を画策するも、家中の反対にあい停滞する。

義昭が越前を出て織田信長を頼ることを知り激怒することになる。

ユースケ・サンタマリアさんプロフィール

1971年生まれ、大分県出身。

94年、ラテンロックバンド「BINGO BONGO」のボーカル&司会としてデビュー。
バラエティ番組のMCとして活躍。

バンドが解散後、「踊る大捜査線」に出演して一躍有名になる。

芸名の由来は、ラテンミュージシャンのモンゴ・サンタマリアにあやかったもの。
地味なルックスだったため、名前は派手で目立つものをと考えたとのことだそうです。

主な出演作

ドラマ:「踊る大捜査線」シリーズ 「わたし、定時で帰ります。」「ドクターX~外科医・大門未知子~」「テセウスの船」

映画:「交渉人真下正義」「あゝ、荒野」「泥棒役者」「食べる女」

◎ユースケ・サンタマリアさんの作品はこちら↓のU-NEXTから視聴可能です!

※2020年5月23日現在視聴できるものは下記の21作品です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください!

※画像の右上に赤いマークがついているものは有料になります。価格は★マークの右隣に記載されています

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利!
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る(31日間無料、600ポイントつき)
 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る(30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク