信長(海老蔵)が信康(平埜生成)を追いつめた理由 「直虎」

nobuyasu1

©NHK

頭脳明晰で人柄もよくて好青年だった信康家康の跡取りとして申し分なく、将来が期待されていました

しかし突然、信長のから謀反の疑いをかけられ、殺害するように命が下されます

織田徳川同盟関係にあり、信康には信長の娘徳姫が嫁いでいます。娘も2人いるのです

家康も家臣たちもあまりに突然のことで対応に困っている様子でした

信長がこんな事を言いだしたのはどういう訳なのでしょうか?



信康を追い詰めた理由として考えられること

信康の姑である信長は、信康を取り込もうとしていたようです。高額なお茶碗を贈ろうとしたり、官位をあたえようといたり。でも頭の良い信康はそれを上手に断っていました。信長はそれを快く思ってなかったというもあるでしょう

もう一つは、武田を倒すために一緒に戦っている分には問題がなかったけれど、武田という敵を弱体化させることに成功した今は、これ以上徳川に力を持たれることに危機感を持っていたということが考えられます

あとは、家康の忠誠心を確かめてみたかったというのもあるのかもしれません。理不尽な要求をしたとしても自分についてくるかどうかテストのようなもの

史実では?

信康が切腹にまで追いつめられた理由は、史実でもはっきりとはわかっていないようです

実は家康が仕向けた説、夫婦仲が悪くて嫁である徳姫が父親の信長に言いつけて、信長が激怒したという説などもあります。

しかし、はっきりとした証拠はないようです

しのぶの一言

こんなことになるのなら茶碗もらっておけばよかったのにと悔やませてなりません

瀬名が焦って探した側室が、武田に仕えていた者の娘をだったといのも墓穴を掘ってしまうことになるとは!

信康がまっすぐで良い人だっただけに辛い…

その他の関連記事の一覧はこちらです ➡ 「井伊直虎」関連記事の一覧

◎見逃し番組を見る方法は➡こちらから

⬇LINEで更新情報をお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする