しの(貫地谷しほり)の嫁ぎ先はどこ?虎松(寺田心)とはもう会えないの?

しの

©NHK

井伊直親(三浦春馬)の正妻虎松(寺田心)の生母であるしの(貫地谷しほり)

直親が亡きあとは、虎松とともに新野家に身を寄せて暮らしていました

ところが、今川を取り巻く情勢の変化の影響を受けて、徳川からしの人質として出すように要請があるのです

直虎は最初は断るものの、考え直してしのに全てを話して了承を得ることができました

虎松はもちろん大反対しましたが、

最後はしのの覚悟をちゃんと聞き入れました

でも、親子の別れのシーンはいつだって見ていて辛いものですね…(泣)

しのは嫁ぎ先で幸せに暮らしていけるのでしょうか?

虎松とはまた会うことが出来るのでしょうか?

気になったので調べてみました!



しのの嫁ぎ話しはどこから?

しのの嫁ぎ先は、松下源太郎清景殿というお方

この話をもってきたのは松下常慶という山伏です

常慶は全国を歩き回って情報を収集している松平家の間者です

徳川家康の信頼は特に厚く、様々な任務を任されているようです

また井伊の南渓とも親交が深く、時折南渓のもとに立ち寄り情報をもたらしてくれる存在でもあります

常慶の生家の松下家今川家の配下にあるということで、この松下家しのを嫁がせることで今川からの疑いの目を避けられると考えたようです

清景殿は常慶の兄にあたり、ちょうど後添えを探していたということなのです

虎松との関わり

2017_toramatu

©NHK

史実によりますと、虎松は一時的に母しのの嫁ぎ先である松下家養子に入ることになっています

虎松は井伊の大事な跡取り

戦乱の中で命を狙われることもあったのではないでしょうか

松下家の養子となれば、姓も変わり目眩ましになるためこの方法が考えられたようです

母のしのは嫁ぐ前に虎松「他家に嫁ぐことで、虎松に味方を作ってあげたい!」と言っていましたが、こういった形で実現できたとなれば嬉しいことですね!

大河ドラマではこの辺がどのように描かれるのか、今のところわかりませんが…

しのぶの一言

昔の武家の結婚というのは、こんな風に決まってしまうのなのですね

たとえ家柄がよいとしても、自分の育った土地を離れて、見たこともない相手に嫁ぐということはどんなに不安だったことでしょう

でも、清景殿は虎松を養子と受け入れてくたのですから、しの清景から信頼され大切にされたのではないでしょうか

井伊ではしのは直親(三浦春馬)というイケメンと夫婦になったものの、直親の女性問題に苦しみ、後にしのからスケコマシ発言などもありましたが(笑)

個人的には、本を読んだ時はしのってなんかネチネチしていて嫌な女だなと思っていたんですよね

でも、大河ドラマでは貫地谷しほりさんがしのをすごく可愛らしくそして面白く演じていて、むしろしのには同情して応援していました

なので、再婚後は穏やかに幸せに暮らせたのだと妄想を膨らまして、勝手にホッしております

その他の関連記事の一覧はこちらです ➡ 「井伊直虎」関連記事の一覧

◎見逃し番組を見る方法は➡こちらから

⬇LINEで更新情報をお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする