西郷どん(せごどん)に出てくる方言!奄美(あまみ)ことばのまとめ

ryuke1

©NHK

第18回より舞台が奄美大島に移りました

奄美大島は薩摩が治めていて、島には薩摩藩士たちもいますが、ほとんどは島人です

島人の話す奄美ことばを話しますが、これはかなり難しいです

最初は、何を言っているのかほとんどわかりませんでした…

でも、何度も聞いているうちにだんだん慣れてきました

大河ドラマでは奄美ことばには字幕がついていますが、せっかくなので理解を深めてみたいところです

ということで「西郷どん」出てくる奄美ことばをまとめてみました

よかったら、参考にしてみてください!

◎各回の奄美ことば語訳(一部)はコチラ↓に乗せておきますのでどうぞご覧ください

●第18回奄美ことば語訳

●第19回奄美ことば語訳

ヤマントンチュ

本土の人、薩摩の人

とぅま「ヤマトンチュは好かん、中でもとりわけ薩摩の侍はむーる好かん!」

本土の人は嫌い、なかでもとりわけ薩摩の侍は特に嫌い!

シマンチュ

島の人、島民

とぅま「でも、ぬーも変わらん。シマンチュは薩摩にいつまで苦しめられるんかい!」

→でも、何も変わらない。島人は薩摩にいつまで苦しめられるんだ!

ヤンチュ

→家人(使用人のこと)

ユタ

→祈祷師

アンゴ(島妻)

→薩摩の侍が島にいる間だけの妻となった女性のこと

やー

あなた(親しいあいだがらで使う)

ユタ「やー宿る力わからんとかい?」

おまえに宿る力に気づいてないのか?

なん

あなた(敬語)

とぅま「なんに知ってほしいんです。薩摩の殿様や役人が湯水のように銭ば使いよんから、こん島は砂糖の地獄になりよーた」

あなたに知ってほしんです。薩摩の殿様や役人が湯水のように銭を使うから、この島は砂糖の地獄になった

あげ

色々な場面で使われる、感嘆符

とぅま「あげ、アンゴ(島妻)にはならんど。指一本触れさせんからや」

→でも、アンゴにはならないよ。指一本ふれさせない

うがみんしょーら

→こんにちは

ありがとさまりょーた

→ありがとうございました

ありがっさまどう

→ありがとう

きゅうど

→来るぞ

ユタ「もーす、やーぬんとぅきゅうど。なんば、災いだかつれてきゅり」

→もうすぐ、お前の夫が来るぞ。でも、災いも連れてくる

◎各回の奄美ことば語訳(一部)はコチラ↓に乗せておきますのでどうぞご覧ください

●第18回奄美ことば語訳

●第19回奄美ことば語訳

◎見逃し番組を見る方法は ➡ こちらから

◎LINEで更新情報をお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする