ヒー様(一橋慶喜)とふきの運命は?「西郷どん(せごどん)」

hisama_oyoshi1

©NHK

品川宿の「磯田屋」の看板娘 およし上お得様ヒー様こと一橋慶喜のお気に入りの女子でした

その頃、およしは”自分は身請け先が決まっている”と吉之助に話したことがありました

身請(みうけ)とは、

芸娼妓などの身の代金(前借り金)を支払い、約束の年季があけるまえに、稼業をやめさせることである。身請ののち、自分の妻、また妾にすることもある

磯田屋で、ヒー様がいつもおよしを側に置いている様子からすると、ヒー様が身請人ということで間違いはないでしょう

でも、当時はおよしヒー様一橋慶喜であるという事実を知りませんでした

yoshi3

©NHK



一橋慶喜にはお芳という側室がいた!

史実によりますと

お芳(およし、生没年不詳)は、江戸時代の女性で、15代将軍・徳川慶喜の妾。側室と表記される場合もある

出典元 wikipedia

お芳とおよしは同一人物なのか?

このお芳については、下記のように書かれています

お芳は、江戸の町火消・新門辰五郎の娘として生まれる。母は町田仁右衛門の娘・錦。その後、慶喜の妾となった。

父・辰五郎は芳が慶喜の妾となったことで元治元年(1864年)に禁裏御守衛総督に任じられた慶喜が京都へ上洛する際、

子分を率いて上洛して二条城の警備などを行った。

慶応4年1月6日(1868年)、慶喜と共に大坂城を脱出し、開陽丸に乗り込んで慶喜一行と共に江戸へ帰ったと記録されている。

明治維新以降、慶喜は新村信、中根幸以外の側室に暇を与えたとされ、慶喜に仕えることはなかった。

出典元 wikipedia

でも、これによるとおよしの名前は一致しますが、父親と母親は違います

「西郷どん」でのふきは、薩摩の農民の娘だったのですから…

でも、ドラマなのでなにも史実とぴったり合うわけではありませんよね

一橋慶喜(ヒー様)は謹慎になる前におよしに告白していた

20180429hi_oyoshi1

©NHK

第16回でヒー様こと一橋慶喜は安政の大獄の一連の騒動で謹慎処分となります

ヒー様はその前に一度、およしに一緒に逃げようという話しを持ちかけたりするのですが、気を取り直して逃げるのはやめます

そしておよしにこのような約束をしました

おれが生きていたら、きっと迎えに来る。それまで待っていてくれ

およしは慶喜のもとへ

oyoshi1

©NHK

第26話では吉之助およし(ふき)と京で再会します

その時は、およしは遊女ではなく武家の奥様という風情になっていました

そして、慶喜の身請けされてそばにいると言っていました

側女、妾という身分なのでしょう

慶喜(ヒー様)は謹慎も解けてからおよしとの約束を果たしたのですね♡

しのぶの一言

慶喜(松田翔太)とおよし(高梨臨)の美男美女っぷりはいいですね〜★

ちなみに大河ドラマ「徳川慶喜」にもおよしが出てきます

お芳は清水美沙が、父親役は堺正明、母親は大原麗子が演じていました

こちらのドラマもなかなか面白かったですよ!

yoshimobu_unext

◎過去の大河ドラマを動画配信で見るには ➡ コチラから

◎ その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする