西郷どん(せごどん)方言特集!第15回薩摩弁対訳(一部)

nariakira1

©NHK

西郷どん(せごどん)第15回に出てくるセリフの一部を現代語に翻訳してみました

耳だけで聞くとかなり難しい方言(薩摩弁)でも、文字にしてみるとだいぶわかりやすくなるはずです



第15回 殿の死

こん

吉之助「おいは、何をしちょったとじゃ……。殿から頂いたこん刀で……人まで殺めた」
→「俺は何をしてだんだ…。殿から頂いたこの刀で….人まで殺めた」

じゃっどん

吉之助「じゃっどん、なんの役にも立てんかった……万策尽きた」
でも、なんの役にもたてなかった…万策尽きた

やっせんぼ

正助「……やっせんぼ。小さか頃から、誰もが無理っちゅうことを吉之助さあだけは諦めなんだ。誰も考えられん、とんでもなかこつをやる人じゃった。みんな吉之助さあだからこそ、やれたこつじゃ。できるはずのないことをやり抜いてきたんじゃなかか。そいがおいの知ってる、西郷吉之助っちゅう男じゃ」

→「弱虫!小さい頃から、誰もが無理だってことを吉之助さんだけはあきらめなかった。誰も考えられない、どんでもないことをやる人だった。みんな吉之助さんだからこそ、やれたことだ!できるはずのないことをやりぬいてきたんじゃないか。それが俺が知っている、西郷吉之助という男だ」

しのぶの一言

最後の正助の励ましの言葉がとてもいいですね〜

その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎見逃し番組を見る方法は ➡ コチラです

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする