「井伊直虎」ってどんな人?大河ドラマの時代背景・舞台とあらすじ

直虎ポスター

©NHK

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」がいよいよ2017年1月8日から放送されます。

主演は、大河ドラマ初出演にしてNHKドラマの出演初柴咲コウさんです。

でも、ちょっと待って!

それに井伊直虎(いいなおとら)ってご存知ですか?
歴史の教科書にも出てこなかったですよね…

柴咲コウは男役になるのでしょうか?

謎は深まるばかり・・・。

そんなわけで、歴史ドラマが大好きな私しのぶが調べてまいりました。

このあと説明していきますので、ぜひ御覧くださいませ。



井伊直虎とは

井伊直虎は戦国時代、滅亡の危機にあった井伊家を女ながらに城主として守り、そして存続へ導いた女性です。

なぜ、女性なのに城主にならなくてはならなかったのかということについては、あらすじのところで改めてご説明します。


井伊直虎
は知らなくても井伊大老は知ってますよね。幕末に桜田門外の変で暗殺される井伊直弼(いいなおすけ)です。

井伊直虎はその井伊直弼の祖先にあたります。ただ、井伊直虎から井伊直弼までは300年もの期間が空いてしまうのですが。

井伊家は德川時代は代々彦根城の藩主を務めました。

彦根城

©彦根城案内図 彦根観光ガイド

しかし、その昔戦国時代は井伊家は、周りを武田信玄、今川義元などの武将のいる強国に取り囲まれていて苦しい状況にありました。

井伊家は初めは今川家に仕えていましたが、直虎の時代から徳川家康を頼るようになり、直虎の養子である直政は家康に仕えました。

その後、今川家桶狭間の戦いで破れてから急速に力を失います。反対に徳川家康の勢力はどんどん強まり、ついに征夷大将軍となり江戸幕府を創設します。

井伊家は德川家康がまだそれほど力をもっていなかったころから家康を頼り、仕えそして貢献したので、家康が出世するのにつれて井伊家の地位も上がっていったのです。

そうして徳川家と井伊家の揺るぎない信頼関係300年以上も続きました。

その井伊家の基盤を作ったのがこの大河ドラマの主人公である井伊直虎なのです。

いつの時代のお話なのか

戦国時代から安土桃山時代。井伊直虎の出生は天文5年(1536年)前後といわれています。

亡くなったのは天正10年(1582年)。この同じ年に織田信長が本能寺の変で命を落としています。

甲斐には武田信玄、駿河には今川義元、また織田信長徳川家康などが台頭していた時代です。

2016年大河ドラマの真田丸より一世代くらい前のおはなしになります

舞台となるのは

このお話の舞台となるのは遠江の国、浜名湖の北にある井伊谷です。

現在の名古屋と静岡の中間にある浜松より北に少し上がったあたりになります。

平野部と山間部の境目に位置します。

舞台となる井伊谷はこちら↓

あらすじ

(ネタバレを含みます。まだ知りたくない方は読まない方がよいかも)

井伊家当主である井伊直盛(杉本哲太)にはひとり娘おとわ(柴咲コウ)がありました。

直盛に男子がいなかったため、おとわは幼くして分家の嫡男・亀之丞(三浦春馬)と婚約し次の当主の妻として井伊家を継ぐ予定になっていました。

ところが亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛志)が君主である今川家に謀反の疑いをかけられ殺害されてしまいます。

そして亀之丞にも命の危険が迫ったため逃亡、そして行方不明となってしまいます。

おとわ亀之丞ある約束をしていて、この約束を守るために菩提寺である龍潭寺にて出家します。龍潭寺の南溪和尚(小林薫)はおとはに次郎法師という男の名をつけました。

NHK 次郎法師

©NHK

その後10年たち、行方しれずとなっていた亀之丞は井伊谷に戻ってきましたが妻(貫地谷しほり)を娶っていました。

亀之丞は井伊家を継ぐことになり、名を井伊直親と改めます。しかしその後、直親は今川家の謀略により命を落としてしまいます。

直親には息子の虎松(2歳)がいました。ただ井伊家を継ぐにはまだ幼すぎたのです。

そこで白羽の矢がたったのが次郎法師です。次郎法師は名を井伊直虎と改め、おんなの身でありながら城主になることになったのです。

直虎は滅亡の危機になる井伊家の当主として御家のかじ取りをし、許嫁の子である虎松(菅田将暉)の養育して井伊家を守り抜いたのです。

放送時間は

●2017年1月8日(初回のみ60分拡大版)

NHK総合 午後8時より放送開始

●1月8日以降は

毎週日曜日

  • NHK総合 午後8時〜8時45分
  • NHK BSプレミアム 午後6時〜6時45分

再放送は毎週土曜日

  • NHK総合 午後1時05分〜1時50分

まとめ

井伊直虎という名になじみがなくて初めは少しとっつきづらい感じはあるかもしれないですね。

ただ、脚本家はNHK連続ドラマ小説「ごちそうさん」「仁ーJINー」「天皇の料理番」などを手掛けた森下圭子さん。

そして「ごちそうさん」でタッグを組んだ岡本幸恵チーフディレクターと再び組んでいます。

これはもう絶対に面白くなる予感しかしないですよね!

主演の柴崎コウさんはインタビューの中で ”ロマンスもあります。”直虎と4人の男たち” という言い方をしています。

4人の男っていったいだれなんでしょう?

許婚の亀之丞とはロマンスはあるとして、それ以外にも3人の男子と愛のドラマ♡♡♡

そして、許嫁の亀之丞ある約束を守るために出家までしてしまったという直虎。奥さん、出家ですよ!出家!

(だって出家したらもうだれとも結婚できないのですよ)

そこまでして守りたかったある約束とはいったい何なのか。いまからとっても気になっています。

>>「井伊直虎」あらすじ一覧はこちらから



シェアする

フォローする