池田屋事件とは?原因は?その後どうなる?

shinnsenngumi_irasuto

池田屋事件は、幕末の1864年7月8日に京都三条木屋町(三条小橋)の旅館・池田屋にて密議をしていた長州藩らの尊攘派志士を、新選組が襲撃した事件です



池田屋事件の起きたきっかけは?

長州藩をはじめとする諸藩の尊攘派志士たちは、先の8月18日の変で京都を追われました

しかし、失地回復をしたい長州藩士のは中には密かに京都へ戻り、潜伏して反撃の機会をうかがい活動しているものがいました

その中には過激な企てをたてるものもあり、そのことが幕府側の知るところとなってしまったのです

池田屋事件とは?

その頃、京では新選組が台頭してきていました

危険人物の摘発に奔走していた新選組は、ある人物をマークします

その者とは、四条大橋近くで商店を営む枡屋喜右衛門(ますや きうえもん)のことです

この人物は近江の尊攘派志 古高俊太郎(ふるたかしゅうたろう)であることを突き止めました

この古高を捕えて凄まじい拷問にかけたところ、驚くべきクーデター計画が明らかとなりました

それは、風の強い日に京都の町に火を放ち、混乱に乗じて8月18日の政変を主導した松平容保暗殺

さらに、中川宮朝彦親王(なかがわのみやあさひこしんのう)を幽閉し、天皇長州へ連れ去るというものだったのです

驚いた新選組は、この計画を阻止すべく、近藤勇隊と土方歳三の隊に分かれて京都の町を探索を始めました

近藤隊が、三条の旅館・池田屋に尊攘派志士が集まっているのを突き止めると、会津藩に報告して援軍を要請しました

近藤隊はこの時数名しかいませんでしたが、会合が散会するのを恐れて、援軍を待たずに突入してしまいます!

池田屋にいたのは肥後藩の宮部鼎蔵(みやべていぞう)、吉田稔麿(としまろ)をはじめとする20数名

突入したのは、近藤隊は近藤勇沖田総司永倉新八藤堂平助の4名で、残りは屋外を固めました

激しい斬り合いとなり、人数の上では劣っていた新選組は苦戦しますが、その後、土方隊や会津藩の援軍が続々と到着し援護し、志士たちを追い詰めたのです

2時間に及ぶ戦闘の結果、宮部切腹し、吉田討ち死に、死亡者9名・捕縛者4名、逃亡した残りの志士たちも、翌日の市中掃討ですべて捕縛・殺害されました

池田屋事件の影響は?

池田屋事件は新撰組の名声を一気に高めることとなります

しかし、長州藩の激しい怒りを買い、禁門の変へと突き進むことになってしまいました



シェアする

フォローする