「鎌倉殿」第20回あらすじと感想!ネタバレあり!女の覚悟!

2022st020

©NHK



第20回 帰ってきた義経

2022年5月22日(日)

義経、奥州へ行く

文治3(1187)年2月。
義経はかつて庇護されていた奥州・平泉藤原秀衡(ひでひら)を頼る。秀衡義経を暖かく向かい入れる。

義経奥州にいることは鎌倉にも伝わる。

秀衡には最期の時が迫っていた。病床に家族を集められる。嫡男国衡(くにひら)だが、跡継ぎは次男泰衡(やすひら)と言い渡される。義経大将軍とし、大将軍のもとに力を合わせよと言い残し、秀衡は息を引きとる。

文治5年(1189)4月
義時平泉義経を連れ戻しに行きたい頼朝に申し出る。頼朝は承諾するが、義経を生かして連れて帰るなと命じる。

頼朝「だが、決して直に手を下してはならない。国衡と泰衡の兄弟は仲が悪い。2人の間を裂け。」

まず泰衡に取り入り、たきつけて九郎(義経)を討たせる。泰衡が独断で義経を討てば、頼朝平泉を攻める大義名分がたつというのだ。義時は絶句。

頼朝「この日のもとから鎌倉の敵を一掃する。やらねば戦は終わらん。新しい世を作るためじゃ。」

義時梶原景時の家人、善児を伴い平泉へ向かう。義時藤原国衡泰衡らに面会。義経の引き渡しを申し出るが、断られる。

義時「あの者は、鎌倉殿に対して謀反をたくらんだ、大罪人。かくまえば、泰衡どのも同罪になりますぞ。」

義経に会いに行くと、畑仕事をしていた。妻と子供とともに穏やかな暮らしをしている様子。
後日、義時義経を再び訪ね、静御前の話をする。

は捕らえられ、鎌倉で取調べを受けたこと。皆の前で舞を披露したこと。その後、男の子を産んだが、赤子は始末され、は行方知れずになったとこと。

義経は動揺する。その夜、義経は案山子を切り捨てる。義時泰衡に会い、義経鎌倉への憎しみが押さえきれないほど膨らんでいる。国衡と図って挙兵するだろうと忠告する。

泰衡は慌てて、義時に助けを求める。

義時「敵意がないことを頼朝に証明するには、義経の首を取り鎌倉殿へ送り届けるしか道はない。」

義経、最期の戦い

泰衡戦支度をし、義経のいる館を囲む。

妻の義経を責めた。そして、京にいたとき、刺客を手引したのは自分だと白状する。義経は驚き、を押し倒したはずみで刺殺してしまう。義経は泣きながら、に詫びる。

義時鎌倉へ帰る途中、弁慶に呼び止められる。義経が呼んでいるという。案内され、秘密の通路から義経のいる館へ向かう。

義経は、義時がわざとの話を義経に聞かせ、頼朝への憎しみを倍増させ、泰時を扇動したことに気づいたのだ。

義経「自分の手は汚さず泰衡に私を討たせる。兄上の考えそうなことだ。でも、この首で平泉が守れるなら、本望だ。」

義経いかに鎌倉を攻めるかという攻略法を編み出していて、その方法をしるした文をに託す。

義経「梶原景時ならこの策の見事さをわかってくれるはずだ。」

そして、義時に帰るように言うと、壁の隙間から藤原勢と弁慶の攻防を楽しげにのぞき見る。

後日、義経の首が鎌倉へ届けられた。頼朝は首桶に話しかける。どのようにして平家を討ち果たしたのかお前の口から聞きたいと。

そしてむせび泣きながら、義経に詫びた。

感想

今回は涙なしには見ることができない回でした。
凛とした静御前、最期まで目をキラキラさせていた義経。号泣する頼朝。
ぐっと飲み込み鎮痛な表情の義時。すべてが印象的でした。

「鎌倉殿と13人」を見るなら動画配信サービスが便利。
初回は無料お試しもあります!

「鎌倉殿と13人」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「鎌倉殿と13人」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク