アシガールの唯ちゃん(黒島結菜)「いだてん(韋駄天)」に参戦!

tomie1

©NHK

アントワープオリンピックで惨敗しヨーロッパをさまよっていた金栗四三(中村勘九郎)は、ベルリンで女子が槍投げをしているところに遭遇する。

そこでの女子の姿に感銘を受けた金栗は、日本で女子の体育を普及させることを思いつき、帰国後、東京府立第二高等女学校(通称・竹早)の教師の職についた。

しかし、当時は女子が肌をさらしたり、運動をすることは奨励されておらず、総スカンを食ってしまう。

その女学生の先頭に立っていたのが、村田富江(黒島結菜)だった。

「いだてん(韋駄天)」第21回!女子体育教師に俺はなる!ネタバレあり!
第20話 2019年6月2日放送 ネタバレを含みますまだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう金栗...



村田富江(むらたとみえ)

名門女学校の竹早に通うお嬢様で、リーダー的な存在。

教師として赴任してきた金栗が運動を奨励するが、初めは強く反発する。

しかし、金栗にうまく載せられて、槍投げに挑戦する。

富江は、ほかの女子が先に挑戦した槍投げを見て、闘志が湧いてきたもよう。

髪に飾っていたリポンをほどきタスキがけにすると、「くそったれーー!」という叫び声とともに槍を投げる。

槍は思いの外遠く飛んでみんなの喝采を受ける。

その後、スポーツの楽しさに目覚めた富江は、テニスや陸上でも頭角を現す。

自分でデザインしたユニフォーム姿が話題となり、運動界のアイドル存在になる。

しかし、それが厳格な父・大作(板尾創路)の逆鱗に触れることとなる。

黒島結菜(くろしま ゆいな)さんプロフィール

1997年生まれ、沖縄県出身

主な出演作

ドラマ:「花燃ゆ」「ごめんね青春!」「時をかける少女」「アシガール」

映画:「ストロボ・エッジ」「十二人の死にたい子どもたち」など多数

◎「いだてん」を今すぐ見るには コチラから

その他の関連記事は コチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク