「いだてん(韋駄天)」第44回!マーちゃん男泣き!ネタバレあり!

ida043

©NHK



第44話 2019年11月24日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「いだてん(韋駄天)」視聴率と見どころのまとめ!
2019年大河ドラマ「いだてん」の各回の視聴率と見どころ、話題になったことなどをまとめました。「いたでん」は視聴率がよくない...

アジア競技大会は開催されたが

ジャカルタでのアジア競技大会の開会式直前に現れた川島。選手団を参加するかどうか早く決めるよう迫る。

どんな判断を下してもプラスとマイナスはそれぞれにある。

・参加すれば日本はIOCから除名され、東京オリンピックを取り上げられる可能性もある。

・参加しなければ、アジア各国で、ようやく払拭した反日感情が再び高まるだろう。

田畑「出ますよ。だがアンタの顔を立てるためじゃない。選手のために、アジア民族の祭典を心待ちにしてるインドネシア人のために出ますよ」

田畑は、開会式の直前に日本選手団は参加を表明した。日本選手たちは初日から好成績を連発した。

しかし、その活躍が日本には伝えられず、田畑を非難する記事ばかりが新聞に載った。

日本にいる河野と電話で話した。

河野は、台湾かイスラエルの選手が一競技、一人でも出てれば正式大会になる。それが無理ならば、大会の名前を親善大会に替えることを提案する。

田畑は、インド代表のソンディとともに、大会組織委員長に名称変更を迫った。

しかし、これがインドネシア国民の怒りを買い、ソンディは国外へ脱出、田畑には警護がつく事態となってしまう。

それでも大会は無事閉幕した。日本は155個のメダルを獲得し、総合第1位という成績を収めた。

川島は帰国直後、記者を前に参加を決めたのは津島田畑だと言い放った。

その後に帰国した田畑をたたく記事ばかりが載った。

岩田によると、大会期間中、マスコミは、問題のある大会に選手を参加させた戦犯は
誰だと騒ぎ立てていた。誰かを槍玉に挙げなくては気が済まない状況になっているのだという。

田畑「今からでも遅くない。参加した各国に働きかけて、あれはオープン競技。だったと主張するしかないだろう」

田畑岩田に内密に話を進めようにと話すが、記者に取り囲まれて詰問される
と、苦し紛れに陸上だけはオープン競技だったと答えてしまう。

だがその翌日には発言を撤回するというしまつ。その様子をTVで見た川島は記者会見を開き、国民への説明の場を早急に設けると発言する。

田畑は参考人として、国会に召喚されることとなった。国会では、津島田畑の対応を糾弾する流れになる。

批判に耐えきれなくなった津島は数日後、川島と面会し、会長職辞任を申し出た。

津島「ただし条件がある。田畑も一緒に辞めさせてもらいたい」

国際陸上競技連盟から東京オリンピック組織委員会に、ジャカルタ問題に関する制裁はインドネシアに対してのみ行い、日本を含め参加国には責任はないとの回答が届いた。

これで東京オリンピックも安泰だと喜ぶ田畑だったが、この後開かれた組織委員会
懇談会で津島とともに退室を命じられる。

田畑「辞任しろというのか? 冗談じゃない!俺が辞めたらオリンピックはどうなるんだ!」

田畑は必死に抵抗するが、部屋から引きずり出されてしまう。その後、津島田畑の解任が決定する。

辞任会見で、田畑は涙ながらに訴えた。

田畑「私は辞めたくないんだ、私の経験と情熱ををオリンピックに役立てたいんだ!やりたいんだ!最後まで!やっとレールを敷いたところなんだ」

田畑が事務総長を解任されると、五りんのオリンピック宣伝部長の仕事も途絶えた。

志ん生は、高座に復帰に向けて稽古に励んでいた。五りん志ん生とともに二人会で高座にあがることになっていた。

ところが二人会当日、五りんは「足袋に出ます」と書き置きを残して姿を消す。

志ん生は一人で高座に上がる。

志ん生「えー、地獄の閻魔様に呼び止められて、もうちょっとしゃべってこいてぇんで、三途の川を引き返して参りました」

オリンピック委員会事務総長を解任された田畑は、毎日を飲んだくれる日々を送っていた。

クダを巻く田畑マリーに追い返され、家に帰っても妻の菊枝に酒を出せと絡んで、つまみのおでんを買いに行かせた。

一人になると田畑は語りだした。

田畑「すまないと思ってるよ、馬鹿のひとつ覚えみたいに、オリンピックオリンピックって……家庭を一切顧みない、新婚旅行も行ってない、子どもの運動会にも行ってない。ダメ亭主だ、畜生め。こうなったら、思いっ切り女房孝行してやろうんじゃんねえ」

ところが菊枝はまだ出かけていなかった。

菊枝は玄関を見つめていた。田畑は近づいていくと俺のオリンピックと呼んでいた模型が置かれている。

灯りをつけると、岩田松澤森西らが笑顔で立っていた。

「忘れものですよ、田畑さん」
「まーちゃん、ちゃんと完成させないと」

田畑に笑顔が戻った。そして、仲間たちの顔を見ながら歌い出した。

「オリンピックの顔と顔♪」

「いだてん」今すぐ見たいのなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「いだてん」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「いだてん」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

その他のあらすじは コチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク