天狗倶楽部がチャラいと話題に!「いだてん」

tengu2

©NHK

いだてん第1回から登場した筋肉集団?「天狗倶楽部」に目を奪われてました!

やたら脱ぐ、やたらバカ騒ぎする、やたらビールを飲む若者たち…

「テング テング テンテング テテンノテングー!」

しかも、ワッペンがTNG。テングの略のようです。(笑)

「明治時代にあんなチャラい集団がいたのか!」と、一時騒然となっていました。

でも、「天狗倶楽部」は実在していたのです!しかも、彼らは有名大学の学生や良家のお坊ちゃまがたちばかり。

いつの時代も、あんな感じで軽くて明るい若者たちがいたのかと思うと、なんか嬉しいです。

天狗倶楽部も「いだてん」のオリンピック話に関わってくるようなので、活躍が楽しみです!



天狗倶楽部(てんぐくらぶ)とは、

明治の終わりごろに、野球をこよなく愛する冒険・S F小説家の押川春浪がスポーツを楽しむために結成した私的な団体。

春浪をいたの慕い集まったメンバーがほとんどで、最盛期には100人 天狗のを超えたという。

春浪たちは当初「天軍チーム」と名乗り、さまざまな野球チームと試合を行ったそう。

野球以外にも、相撲テニス柔道など、幅広く活動した。

部員もスポーツ選手だけでなく、小説家画家新聞記者政治家飛行家などバラエティー豊かで、名を残した人物も多かった。

天狗倶楽部の主なメンバー

三島弥彦(みしまやひこ)・・・生田斗真
押川春浪(おしかわしゅろう)・・・ 武井壮
中沢臨川(なかざわりんせん)・・・ 近藤公園
吉岡信敬(よしおかしんけい)・・・ 満島真之介

このあとも天狗倶楽部に注目しましょう〜。

◎「いだてん」を今すぐ見るには ➡ コチラをどうぞ!

◎ その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする