「麒麟(きりん)がくる」第17回!道三の最後!明智家はどうなる?ネタバレあり!

kirin017

©NHK



第17 話 2020年5月10日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「麒麟がくる」の初回の視聴率は19.9%と20%に迫る好調なスタートです。 大河ドラマ...

道三と髙政が激突!

南側の高政(伊藤英明)の兵は1万2千を超え、対する北側の道三(本木雅弘)の兵はわずか2千。

戦う前に勝敗はついたものと思われたが、信長(染谷将太)の軍勢が国境まで来ているという。

道三軍と合流を阻止するため、髙政はすぐに道三軍に攻撃を開始。

十兵衛(長谷川博己)は、河原近くで光安(西村まさ彦)を発見。

光安十兵衛に敵の手薄な川下へ先に行くようにと言う。

光安は足に深手を負っていたので、家臣に光安を任せた。

道三軍と高政軍は一進一退を続けていたものの、高政軍の大軍に押され、道三軍の敗北の色が濃くなっていった。

道三は仁王立ちになり、眼前で繰り広げられる乱戦を見ていた。

側近たちが陣から退くように進言するも聞かない。

道三は馬にまたがると、槍を手に高政目がけて突進。

一騎打ちじゃと馬を下りて高政に迫る。

十兵衛はようやく道三の陣に駆けつけたが、すでに陣は崩れ去っていた。

川辺に、槍を構えて高政に突っ込んでいく道三の姿を見る。

高政「槍をかわし、負けを認めて降伏せよ」

道三「己を偽って人を欺く者の軍門には下らぬ。偽りなしと言うなら、父の名を申せ」

高政土岐頼芸(尾美としのり)が自分の父親だと言い張った。

道三「そなたの父は、この成り上がり者の道三じゃ」

初めは、兵たちに手出しをせぬように命じた高政だったが、この者を討てと命じる。

槍を手に高政めがけて突進してきた道三は、取り囲んだ兵たちに串刺しにされ倒れる…。

駒と菊丸

その頃、(門脇麦)と菊丸(岡村隆史)は、三河と美濃との国境の山道を歩いてた。

菊丸が休もうと言っても駒は聞かず、山道をすたすたと歩いていく。菊丸は仕方なくあとを追うしかなかった。

明智城、攻撃される

道三高政の戦いを見届けた十兵衛は、高政に対して憤慨する。

高政から力を貸すように言われるが、きっぱり断る。

高政からは明智城を攻めると宣言さえる。

明智城に戻ると、先に帰還した叔父の光安から、逃げるように命じられる。

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎その他のあらすじは➡コチラからどうぞ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク