「麒麟(きりん)がくる」第25回!チュウ太郎はどこ?ネタバレあり!

kirin025

©NHK



第25話 2020年9月27日

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「麒麟がくる」の初回の視聴率は19.9%と20%に迫る好調なスタートです。 大河ドラマ...

美濃へ

覚慶(滝藤賢一)は還俗(げんぞく)し、足利義昭を名を改め、朝倉義景を頼りに越前に向かった。しかし、一行は一乗谷とは程遠い敦賀に留め置かれた。

信長(染谷将太)は長きにわたる斎藤龍興との戦に勝ち、ついに美濃を平定する。

かつての家臣・伝吾(徳重 聡)から文が届き、十兵衛(長谷川博己)は母・(石川さゆり)を連れて、美濃へ向かった。村の人々から歓待を受け、母はたいそう喜んだ。

次の日、十兵衛信長に目通りする。信長から仕えてみないかと誘われるが断ってしまう。十兵衛は、足利義輝に仕えたかったのに、義輝の非業の死をとげられ、どうしていいかわからなくなったことを話す。

信長もまた、長い戦を終え、「何のために戦っているのかわからなくなった」と言う。

十兵衛は信長に上洛を勧める。上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になりみんなが喜ぶと話すと、信長も目を輝かせる。

義昭さまが来た!

十兵衛が越前に戻ると、義昭が家に来ていた。前会った時は、寺から逃げ出そうとしていた義昭だが、時間がたち考えも変わってきたようだ。

自分が将軍になれば人を救える。今まで手の届かなかった貧しい人も救えるかもしれないと話す。

その言葉は十兵衛の心をつかんだ。十兵衛はそのことを義景に伝える。

「麒麟がくる」見るなら、動画配信サービスが便利です。
初回は無料お試しもあります!
「麒麟がくる」をU-NEXTで見る (31日間無料、600ポイントつき)
➡ 「麒麟がくる」をmusic.jpで見る (30日間無料、1,600ポイントつき)
※music.jpで視聴がきるのはスマホ又はタブレットからになります。

◎その他のあらすじは➡コチラからどうぞ!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク