西郷どん(せごどん)第44回あらすじと感想!そうだ学校をつくろう!ネタバレあり!

20181125takamori1

©NHK

●前回のあらすじはコチラ↓

◎「西郷どん(せごどん)」第43回をもう一度視聴する方法は
>>こちらから



第44話 2018年11月25日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

鹿児島へ帰る

鹿児島に戻った隆盛(鈴木亮平)は畑仕事をしたり、狩りに出かけたり、静かな日々を送っていた。

そこへ、東京での役職を捨てた桐野(大野拓郎)たちが鹿児島へ戻ってくる。

隆盛は怒った。しかし、戻ってきてしまったものはどうしようもない。みな隆盛を慕って続々と集まってきてしまうのだ。

その人数は増え続け、600人近くなっていた。

しかし、鹿児島にはろくな食い扶持がない。そんな連中が政府への不満を爆発させたら大変なことになる。

桐野のたちの目的は、西郷にもう一度中央政府に復帰してほしいということだった。しつこく自宅におしかけてくる桐野たちに糸が一喝した。

「勝手なことをいわんでくりやい。旦那さんは今まで、わき目をふらずにずっと走ってこられました。それをずっと見てきたみなさんが、今度は自分で走る番じゃなかとですか!」

全国各地でも政府への不満を募らせる士族たちが爆発寸前だった。

鹿児島では、士族たちの憎悪は大久保(瑛太)へ向けられた。大久保の実家には石が投げ込まれ、それを包んだ紙には奸臣大久保などと書かれていた。

奸臣とは

腹黒い家来 、裏切り者

大久保の妻の満寿(美村里江)は恐ろしくなった。大久保に東京に来るように言われていたが、ゆう(内田有紀)の存在に気づき、拒んでいたのだ。

満寿は、危険を避けるため子どもたちを連れて東京へ旅立って行った。

江頭(迫田孝也)は佐賀軍を率いて、政府軍の守る佐賀城に攻撃を仕掛ける。(佐賀の乱)しかし最新兵器を装備した政府軍に惨敗する。

江頭隆盛の元へやってきて、応援を頼むが断られてしまう

その後、江頭は政府軍に捉えられ、佐賀まで鎮圧に来ていた大久保によって処刑される。しかも斬首され、長いことその首もさらされたのだ。

二度と反乱など起こさないよう恐怖を植えつける。それが大久保のやり方なのであろう。

鹿児島に私学校をつくる

隆盛は士族たちの暴発を防ぐために、学校を作ることを提案した。年長の士族が年若のものに剣術、銃の取り扱い、漢学から洋学まであらゆることを教えるのだ

その中から異国へ留学するも者もいるかもしれない。あるいは商いや畑仕事を始めるものもいるだろう。

隆盛の願いによって建てられた学校は私学校と名付けられた。

異国から戻ってきた新八菊次郎も参加した。みな希望に燃えていた。

しのぶの一言

西郷さんは鹿児島に帰ってきて、のんびりゆっくりしたいのに、どんどん人が集まってきてしまう。西郷人気がすごい!

それにしても、川で鰻をとってうれしそうにはしゃいでいた吉之助どんが、こんなに身も心もおおきくなりゆったりと構えている姿は、どうみても西郷さんにしか見えなくて。鈴木亮平さんの凄さを思い知らされます。

それに相反するようにブラック化して行く大久保さん。恐ろしか。っていうか、こんな上司は絶対にイヤだ!という典型です。

今のところは私学校を作って、みんな楽しげだけれど、これが来週は血生臭くなるのかと思うと辛いです。

◎見逃した番組を見る方法は➡こちらから

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする