西郷どん(せごどん)第47回!最終回!もうここらでよか!ネタバレあり!

20181216saigo1

©NHK

●前回のあらすじはコチラ↓

◎「西郷どん(せごどん)」第46回をもう一度視聴するには
>>こちらから



第47話 2018年12月16日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

西郷軍、城山へ

西郷(鈴木亮平)は残った400人ほどの兵士と共に政府軍の包囲網を突破し、薩摩の城山を占拠した。錦江湾の向こうには桜島が見える。昔、郷中の仲間たちと登ったことのある懐かしい場所だ。

西郷「国の区切りの時は誰かが死なねばならん。おいはしんでやらにゃならん。一蔵どんのためにも」

大久保(瑛太)は内国勧業博覧会の準備にまい進していた。

東京から西郷に投降を勧めにきた従道(錦戸亮)は、片足を失い政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)と(黒木華)と熊吉(塚地武雅)を西郷家に連れて帰る。

西南戦争の終結へ

西郷は城山の洞窟にこもっていた。残りは40人。

政府軍総攻撃の前日、大久保は、降伏すれば西郷の命を助けると指令を出すが、西郷は拒否。

明治10年9月24日、山形率いる政府軍は総攻撃を開始した。久武(井戸田潤)が銃弾に倒れ、桐野(大野拓朗)、新八(堀井新太)らが次々と戦死。西郷も被弾し、自害して果てた。享年51。

両軍合わせて、1万3千人以上の戦死者をだした西南戦争はここに集結した。

久光と海江田、静岡でふき(高梨臨)と暮らしていた慶喜(松田翔太)、従道たち家族はそれぞれにその死を受け止めた。

大久保は西南戦争が終結した翌年、馬車で赤坂仮御所へ向かう途中で暗殺された。その手には西郷からの書状が握られていたという…

しのぶの一言(感想)

今日が西郷どんの最後になることはわかっていたけれど、西郷どんの死をちゃんと受け止められる自信はありませんでした。

放送が終わったあと、テーマソングが頭の中で繰り返されていてずっと泣いています。

どうして涙が止まらないのかわからないけれど…。

でも、西郷どんの優しい笑顔を思い出して、心が温かくなるのを感じています。

お腹を撃たれて血だらけになりながら「もうここらでよか」って、空を見上げていたあの優しく穏やかな笑顔を。

全体の感想はまた別に書きたいと思います。

今日はここらでよかろうかい。

ありがとさげもした。

◎見逃した番組を見る方法➡ こちらから

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする