「いだてん(韋駄天)」第15回!あけすけな結婚!ネタバレあり!

ida015

©NHK



第15話 2019年4月21日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

「いだてん(韋駄天)」視聴率と見どころ!
2019年大河ドラマ「いだてん」の各回の視聴率と見どころ、話題になったことなどをまとめました。「いたでん」は視聴率がよくない...

四三(中村勘九郎)とスヤ(綾瀬はるか)の縁談

四三(中村勘九郎)は兄の実次(中村獅童)から、設けられた見合いの席にスヤ(綾瀬はるか)にいた理由を聞かされた。

スヤの夫・重行(髙橋 洋)は病気で去年の夏に亡くなり、スヤは実家に戻っていたという。

幾江(大竹しのぶ)の方は、池部家の後継ぎを探していたところ、実次四三を養子に出すことを申し出たのだと言う。

池部家にはオリンピックの渡航費を出してもらっていた恩もあるし、四三が養子に入れば、池部家から借りている田畑も四三のものになる。

しかし、突然の話に四三は混乱する。養子縁組してから縁談ならまだわかるのだが、スヤとの祝言を先にするのだという。

四三「田んぼと嫁は別のもんばい!」

スヤも居たたまれなくなり、この話は水に流してほしいと言って出て行ってしまう。

幾江は、自分はスヤと暮らしたいだけで、もう一度スヤを嫁にもらうために四三を養子にもらうことにしただけなのだと言い放つ。

今の四三は、次のオリンピックに出場することで頭がいっぱいで、熊本に帰り教員になるつもりもなく、嫁をもらうなど考えられない。

もちろん、スヤのことは好きなのだが。

結局、四三はこの話を受け入れることになる。そして、池部家の養子となり、スヤと祝言を挙げたあと、スヤを残し東京へ戻った。

そして、次のベルリンオリンピックで勝つために、練習に打ち込む。

孝蔵は浜松の勝鬨亭(かちどきてい)でしくじる

孝蔵は旅巡業で浜松の勝鬨亭(かちどきてい)という寄席にいた。

そこでは、政次(まさじ)という少年と知り合う。

孝蔵はまたしくじった。師匠の小円朝と口論になり、寄席を追い出されてしまうのだ。

マラソン選手に俺はなる!

四三は東京高師卒業後もマラソンに専念することに決めていた。

四三が学校を卒業しても熊本に戻らないということに、幾江は怒り、金栗家に怒鳴り込んできた。

永井(杉本哲太)も官費の教育を受けておきながら教員にならないのはけしからんとご立腹だ。

しかし、嘉納先生(役所広司)はマラソンを極めてプロ選手の第1号になれと応援してくれた。

しのぶの一言(感想)

今回は裸の男子が多めでした。四三さんはもちろん、孝蔵や弟子たち、浜湾流で泳ぐ少年たちとみなふんどし姿。

そこに、まさかのスヤさんまでが脱ぐとは!(肩ぐらいまでの露出ですが)

最近の大河はとにかく脱ぎまくるのがデフォルトみたいですね。

皆さん鍛え上げ見事な体を披露していて、さすがとしか言いようがありません。

今回、四三さんは突如、スヤと結婚するというかさせられます。まあ家のため、お金のために飲まざるを得なかったわけなんですが…。

その中で見せる、四三の驚きっぷりに対するスヤの無言で動揺するようすがなんとも痛々しく美しく、思わず同情してしまいました。

また、スヤと一夜を過ごしてから別れる時の四三さんの初々しさといったらなかった。(勘九郎さんはもうおっさんのはずなのに…)

顔を赤らめて体を硬直させて、どうしていいかわからない様子でスヤさんを一心に見つめているのが、本当に可愛らしくて印象的に残りました。

その四三さんを笑うでもなく、まっすぐに見つめ返すスヤさんの美しさよ!

女の幾江さんが惚れるのもわかるような気がしますね。

◎「いだてん」を今すぐ見るには コチラから

その他のあらすじは コチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク
スポンサーリンク