西郷どん(せごどん)スペシャル! 渡辺謙から鈴木亮平へタスキを渡すの巻

20180401ken_ryo

©NHK



2018年4月1日放送

ネタバレを含みます

まだ詳細を知りたくない方は読まない方がよいでしょう

大河ドラマ「西郷どん」を本編を一旦休止して特別編を放送しました

(本編は第12話まで放送済みです)

本編を休止して特別編を放送したのは大河ドラマ57作の歴史のことです!

特別編の内容は?

  • 渡辺謙さんと鈴木亮平さんの対談
  • 過去の名場面やこれからやるシーンを一部放送
  • 稽古場でのリハーサル風景や撮影の様子
  • 渡辺謙さんが大河ドラマで主演した87年「独眼竜政宗」の名シーンを一部放送

斉彬(渡辺謙)と吉之助(鈴木亮平)のシーンでのこぼれ話

特別な思い入れがあった御前相撲

斉彬吉之助御前相撲で初めて対峙します

渡辺謙さんは鈴木亮平さんと御前相撲で対峙するまでは、現場でもあえて言葉を交わす事なく距離を取ってきたといいます

2人の間にある緊張感を保ったままぶっつけ本番でこの相撲のシーン挑む事を決めていたそうです

渡辺謙さんはこの相撲に本気で勝つ気で臨み、予想もしない技の連発します

鈴木亮平さんは負けるかもと思い懸命に喰らいつきます

このシーンの後、鈴木亮平さんは顔から喉にかけて傷だらけになっていました

渡辺謙さんの爪痕が顔に残ってしまい、次の日メークさんが困るほどだったそうです

それほどこの相撲は激しいものだったということですね

たしかに、一時は斉彬(渡辺謙)が勝ちそうな勢いでした

渡辺謙さんも大人気なく(笑)本気で若い鈴木亮平さんに向かっていったのでしょう

鈴木亮平さんも大先輩の渡辺謙さんに遠慮する気持ちもありながら、だからといって負けるわけにはいかないのでマジで闘って、結果、迫力満点のシーンになったというわけなんですね〜

吉之助を斉彬が蹴り倒すシーン

吉之助は、斉彬の父・斉興とその側室・由羅斉彬を毒殺しようとしたと疑い、その屋敷に乗り込んで行ったことがありました

その後、薩摩藩邸に戻った吉之助斉彬に呼ばれて、いきなり蹴り倒されます

その時、鈴木亮平さんはは3メートルくらい飛ばされたらしい

口では大丈夫ですと行ったけれど、ほんとうはすごい衝撃だったそうです

…たぶん相当痛かったのでしょうね…

渡辺謙さんによると、本番はどうしても力が入ってしまうのだと

鈴木亮平さんも手加減されるのは嫌なので 、とても有難いことだと言っていました

さすが、体育会系

渡辺謙さんのアドリブ話

斉彬吉之助短刀を授けるときに、なんでもかんでも命をかけるな!命は一つだ!というセリフは渡辺謙さんのアドリブ

斉彬の父、斉興藩主の座をめぐってやり合うシーンで、突然斉彬が鼻をかんでその紙を投げ捨てるというのも渡辺謙さんのアドリブだったのだそうです

渡辺謙さんが鈴木亮平さんに伝えたかったこと

若くて大河ドラマの主役になるということ

渡辺謙さん自身も、30年前に1987年大河ドラマ「独眼竜政宗」28才という若さで大河ドラマの主役に大抜擢されます

渡辺さんは 自分の演技にまだ自信が持てないままそうそうたる先輩たちが居並ぶ現場に飛び込みました

中でも記憶に残っているのは、勝 新太郎さん演じる豊臣秀吉に初めて対面する場面

鈴木亮平さんの時と同様、ぶっつけ本番で行われました

その存在感だけで周りの空気を支配、緊張感を生む役者の気迫

脚本に書かれた台詞を語るだけでなく、全人格で勝負する事をじかに教わったといいます

渡辺謙さんは大河主演した1年間が、いまだに財産になっているそうです

また、本番で演じている中で予期せぬ感情が沸き起こってくることがあり

そういうのがドラマの醍醐味であるし、そういう事を見つけて、感じていって欲しいと言います

渡辺謙さんの演技指導も

実際に渡辺謙さんが、鈴木亮平さんに演技指導するとどうなるのか?

吉之助が毒殺しようとする犯人をさがしに動き出すシーンで、

まずは テイク1

斉彬の食事に毒が盛られていないかを調べるために吉之助が魚の切り身を持ち出します

ここで渡辺謙さんから一言、鈴木亮平さんへあるアドバイスがありました

もう一度、テイク2

魚の切り身を取って懐に入れてすぐに立ち去る吉之助から、しっかり斉彬を見据える芝居に変わっていました

同じシーンでも印象がガラリと変わりました!

さすが、渡辺謙さん!

鈴木亮平さんから見た渡辺謙さん

鈴木亮平さんにとって渡辺謙さんは、マラソンで言うと ずっと先にいて背中の見えないトップを走ってた人でした

ところが会ってみるとだいぶ印象は違っていたそうです

鈴木亮平さんは、今まで現場で渡辺謙さんのようにアドバイスをくれる先輩に出会った事がなかったので、とても感謝してるのだと言います

鈴木亮平さんは、渡辺謙さんと一緒にいる時はモニターや生でずっとその芝居を見て、そこですごい体に染みつく勉強になるものがあったり、さんだったら「ここ こうしたら」ってアドバイスくれるなっていう瞬間があるそうです

渡辺謙さんは最後に鈴木亮平さんにこんな事をいっていました

俺たちは駅伝

何人も 「じゃあ 次頼むよ」ってタスキ 渡していけど

西郷は一人で走んなきゃいけない

これからもいろんなプレッシャーやどうしたらいいんだろうという時がたくさんあるんだと思う

でも 一人で完走するやつは一年に一人しかいない、一年に

なかなか楽しんでっていう訳にはいかないかもしれないけど、豊かな時間だと思う

「迷うことなく 恐れずに」

しのぶの一言

本編を中止してこのようなドキュメンタリー風の番組になった事については賛否両論あるようです

たしかに、始めは斉彬吉之助の中の人がスーツ姿で番組に登場するのを見るのは抵抗がありました

でも、今までの主要なシーンをダイジェストで見れたのはすごくよかった!

懐かしくて、前の回をもう一度見たくなりました

西郷どんスペシャル!

渡辺謙さんと鈴木亮平さんがどれだけ思いを込めて演じいるのか、周りのたくさんのスタッフがそれを支えているのかというのがわかりました

はっきり言って予想以上によかった、感動しました!

でも、本編見れなくて辛いのは確かです!

早く次の日曜が来て欲しい!

再放送は終了しました↓

まだ特別編を見てない方は再放送もあるので是非!

再放送:4月7日(土)【総合】午後1:05~1:50

オンデマンドならすぐに見ることも可能ですよ!

◎見逃し番組を見る方法は ➡ コチラです

その他の関連記事はコチラからどうぞ!

◎LINEで友達追加していただくと更新情報などをお知らせします!

友だち追加



シェアする

フォローする